書籍・雑誌

「鳥のくらし図鑑」

しばらくは、しなければならない用事以外はほとんど手に付かない状態でしたが、だんだん普段の状態に近づいてきたかな、、、と言うところです。

Dscn4210

おすすめです。

日本の野鳥の代表的な種の四季毎の暮らしについて絵と文で紹介。沢山取材したのかな。サシバのページの中には「あ、これって伊良湖だよね」という箇所もちょっとだけ出てきます。やっぱりメジロはアケビも食べるんだね~。
しかし、私か鳥について興味を持ちだした頃、冬鳥とされていたハクセキレイは今では留鳥となったんですね。
(かつては冬に渡ってくる鳥、であったけど、次第に夏も日本各地で繁殖する姿が見られるようになった・・・。)
参考文献の紹介にPDFとあるのは時代の流れなんですね。

たったひとつだけ、、、ちょっと残念。

それは、、アザミの描写、もうちょっと丁寧だったら良かったのにな~~。それができる方(おおたぐろさん)だと思うので、そこだけがひっかかってしまいました。

追記

途中までですが、いろんな調査結果で得られた鳥たちの生態がこの本に反映されているのが分かって大人も充分に面白いです!

それから、本を読んで気づいたことですが、ヨーロッパやロシア当たりは以前から野鳥の調査研究が行われてきているので、冬鳥などが夏に渡った先での繁殖のことは知られるようになっているけれど、夏鳥達の越冬地である東南アジアではまだ野鳥の調査・研究は進んでいないのかな~?ということです。そちらでも夏鳥達が越冬先でどうしているのか、解明されるようになったらいいのにな、と思います。保護のためにも。

いろいろ、私が鳥について知らなかったこと、知りたかったことなどが1冊に濃縮されているので買って良かったです!!通信でもしっかり紹介します!!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|