日記・コラム・つぶやき

通信・・・。

次号の中身は決まっているのですが、なかなか、通信に取りかかろうとする気力がありませんでした。
そろそろ取りかからないと。
描きたい題材押し寄せてきているので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分を守ること、自分自身を大切に。

この所特に気がついていることとして、
自分自身をダメにしてしまわないことが大切だ、
ということ、です。
この世界、本来はもっとピースフルで、競争とかではなくて、もう少し気楽であって良いはずのものなんだと思うのだけれど、所によってはそうではなくて、居心地の悪さを感じてしまうことがある。
かつて、自然観察などの世界で、もめ事とかあるんだよ~~、と、当時勤めていた会社の同僚さんにこぼしていたら、不思議そうな顔をして、
「なんで飯のタネにならないことでそんなに揉めなくちゃならないの??」
と言われたことをとても良く覚えている!!!
自然観察の世界って、まじめで穏やかな世界そうで、実は結構色々あったりもする。
まあ、真剣ゆえに、と言うこともあるけど、意地悪とか嫌がらせに近い事とかは、もはやそれとはチガウしね・・・。
ある方が、一生懸命に色々頑張りすぎて、体調を酷く壊してしまったらしいと聞きました。
私も、以前、関わったことがある場所でのもめ事に巻き込まれてしまい、メールの深夜のやりとりに明け暮れて、結果酷い自律神経失調症で1年間苦しんだことがあります。
体調不良には、他の要素=生活環境の変化もあったからだけど、夜中までのメールのやりとりは一番良くない、と知人からも言われています。
最近も、調子悪くなりかけていましたし・・・。
大事だと思うことや好きなことに情熱は捧げたいけれど、意に染まない事に気を遣うようなことが多かったり、負担ばかりと感じるのならやはりそこは考えていきたい。
調子を悪くしてしまって、日々の生活に影響が出てしまうのは良くないですね。家族もいることであるし、何よりも、煩わされることがあまりにも多くなって、肝心の自然が好きという、一番の気持ちが感じられなくなったら、それが一番良くない。
自然観察の世界以外でもそれは言えることであって、、良く人に頼られやすい(人望あるからなのですが)知っている方は、その限界や限度を見極めて、割り切ることが出来ているので、そこは見習いたいな、と思います。
なかなか、、上手く割り切れない私ですが・・・。
この辺りは、気をつけていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレス発散のために

近々カンフー映画DVD注文しよう、そうしよう。

買いたい物リスト

燃えよドラゴン

ドラゴンへの道

スパルタンX→プロジェクトAも捨てがたい

大福星

七福星

ブルース・リーフィギュア、高くないけど顔の作りは良い物(本当はスーツ着用のもう少し高い物が欲しい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然観察や自然保護の分野への、次世代の参入はできるのか?

これは、、あらゆる場所での共通の悩みですよね~~~~。
1箇所だけではないと思いますよ。
私がこの世界に入ったのは、実は保護活動の場以前のとある探鳥会に学生の頃入ったのが一番の始めで、間をおいて20代半ばに片足を突っ込むこととなりましたが、その当時もシニア世代のほうが多かったですね。
時に、バードウォッチングであったり、アウトドア全般だったりがブームになった頃があり、その時期は、波に乗って若い世代が探鳥会や観察会などに姿を見せた時期もあります。
そこで続いてきた世代も、今は「若い」とはちょっと言えない年齢となりました・・・。
今は、環境保護とか、自然関連の分野、ちょっと冬の時代なのを感じる。
あらゆる開発計画は、以前のように反対意見や活動があっても、昔よりもごり押しな感じで進められそうな危惧を感じています。
そんな時代でもあるので、自然観察や保護の火は消さないで欲しいのですが(と言って下の記事を書いているというジレンマが;;)。
イオンモールなどのショッピングセンターなどを作って欲しいという声はあっても、自然の場所を残して、と言う声は小さいし。
しかし、多くの人の中、特に子どもたち、また子ども達と若い親世代、自然が嫌いというわけではないと感じています。
勿論、中には自然なんて嫌い、暑いし、寒いし、歩くのは疲れるし、虫なんてダメ~、と言う人もいるとは思いますが、
「造形パラダイス」の場でしか見なされてこなかった豊橋公園でとある春のイベント会場になって、ゆったり過ごせる機会を持ってみて、「こんなに良い場所だったなんて」と思う人も多かったようです。
その層をどうやって呼び込むか、ということになるのでしょうね。
やはり、観察会の魅力や面白さ、何より主催サイドが心底その場を楽しみ伝えたい想いにあふれているか否かは大きい気がしますし、宣伝窓口を工夫する事も必要なのかも知れません。
シンプルに、ポジティブさでアピールするのが一番かと。
*・・・・・どうやら私は、このシンプルな気持ちを諸々のことに苛まれて失いかけていたようです。
またそうして入ってきた人に協力してもらうのに「これをやって」「~するべきだ」とあまりに強制をするのは逆効果でしょう。
何を隠そう、実は自分がそうされるのは嫌な人間なのですから。
まあ、何とかしたい気持ちからそういう言い分になったとは思われますが、とある組織の人手不足等危機的状況を解消するために協力を呼びかける際に(それがあるまでそんなこととは露も知らなかった)、「生きもののことは熱心でも人助けには関心がないのか」的な呼びかけになってしまっているのを見て、
却って強い拒否感だけが残ってしまいました。申し訳ないのですが。
それまで窮状については知らなかったことでもあり、また何を困っているのかも掴めず、直接の方の具体的なSOSでもないし、何より協力に赴くこと自体が少し厳しい条件でした。
罪悪感を持たせて何かをさせる的なやり方になってしまうのは、良いことだとは思えないんですよね。
もしよかったら、という切りだしでの訴えでもって、自身の余力や体調などを見て「これならできそう」、「これならやってみようか」という意思が働いて参加するのがボランティアとしての望ましい形だと思える。
なので多くの人がそう思えるような取り組みがいるのかな、、と思っています。
自然への関心を持ってもらうこと、それは必ずしもマニアックでなくて良い(勿論その方面もあって良いけど)、同じ生きる仲間として、隣人として見ていこう、共に生きていく地域や社会、引いては地球でありたいというメッセージを次の世代にえていけるか、ということになるのでしょうね。
*で、ここでも吐かせていただくが、
自分が担当しているところ、他の人を入れさせないとか独占だとか、そんなつもりは一ミリも持っちゃいないんだぜ。
確かにここしばし、長年やっている物にありがちな「惰性」はあったことは否めない、それは観察内容マンネリとかではなく(そこはそれなりに工夫していたつもり)、取り組みに対する気持ち的なことなど諸々で。
呼びかけ方や、参加しやすいような取り組み面で努力はするつもりだけど何でもかんでも私のせいにするのは甚だ不本意だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

担当を辞めたいと思うときの理由

担当する所についての諸々の準備などは実はそんなに負担ではないです。
ということで、今回ここではちょっと本音を書かせてもらおう。
長く観察会や他の担当を続けることは、最初は意欲もあり楽しく取り組めることが多いですが、長くやっているといづれは何らかのジレンマを抱えることになるのだろうと思います。
そのような声は、以前見聞きしていたのですが、
私にもそんなときが来たのですね。
以前この世界に入るきっかけとなった場所は、主催者、参加協力者の気持ちが当初は方向性がほぼ同じであり、多少の違いはありつつも、それぞれに協力していく姿があり、共に出来事に喜んだり、自然の将来を憂えたりする様子を見てきていました。
(その場所も、長年経って、考えの違いなどから分裂などが起こったのですが・・・。)
いろんな活動体の中で、考えが皆同じと言うことは全くは無いものと思います。
そうであるからこそ、物事を決めていくときは、話し合いなど意見を出す場所で考えを述べ、ある程度の合意を持って決められていくことで進んでいくのだと思います。
なので気になることがあった場合は、そうした場所で諮るようにしてきていました。
この辺りが微妙で、、担当の判断に一任、ということもあったりするのですが。
困るのは、その場で発言をしないで、後々不満の声を人伝いに発せられてくる事ですね。
こういうの、困りますわ~~。
そういったことから自身を守るためにも、公平さをなるべく求めるためにも、なるべく気になったことはオープンに打診して、意見を聴いたりして判断するという形を取るようにしています。
もう一つ、
これはあらゆる会などの担当を担う人が抱く共通のこととしてあると思うのですが、
「こうするべきだ」的なご意見があるのですが、
「では、そのためには何が出来て、どうしたらいいのか、」には進まず、
「そのためにこうしたことが(私は)できるので、働きかけられますよ」という方向性には行かないことなんですよね・・・。
担当者として可能な事は、勿論やっていくつもりですが、
当の本人は言うだけ言って、何もせず、
担当だけが全ての責を負うような形にさせられるのは、
正直あんまり愉快な物じゃあないのだよ。
担当する内容について計画立てたり、準備したりする事よりも、はるかにこっちの方がストレスになるのだと言うことを、おわかり頂けたらと。→これでも抑え気味に書いている。
もう一点いってみよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息詰まったときは、やはり。

あの森へ行かねば!今度は早起きしていくぞ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他の楽しみも

自然観察は、私にとって趣味でもあるけれど、単なる趣味を越えてもいます。
始まりが自然保護の場でもあった場所からなので、その視点はやはりあります。
自然を見ること=生き方にも通じる物があります。
勿論、楽しみも持ちながら、長く続けていくことが大事ですが、、
長年見続けると言うことは、楽しい面ばかりでもないです。
何かの担当になることは、責任も伴ったりします。
また、時には逆風を受けることもあります。
自然環境も、良くなると言うよりは、むしろ悪くなっていくことを目にすることのほうが多いです。
そんなわけで、時に煮詰まってしまい、前向きには行かなくなってしまうこともあったりします。
勿論、ご近所など見続けていく場所の自然は今後も続けていくわけですが、時にはそれだけしか見ない日々は時に八方ふさがりな気持ちになる事もあり・・・。
そう言うときは、他の楽しみも持っていた方が良いな、と思うこの頃です。
現在の所、香港カンフー映画かしらね。
今のではなくて、ブルース・リーや、往年のジャッキー・チェン活躍の頃のものを見ています。
一旦レンタルの日々終了ですが、まだ見たい物もあるのでまた借りてみようと思っています。
リーの迫力あるアクションにドキドキし、ジャッキー、サモ、ユン、3人のアクションコメディーに笑ったりしながら元気をもらい、
自然観察も前向きに取り組めるようになったら、と思っています。
リーフィギュアも買うかも。写真集も欲しいぜ。ちょっと前まで、ふ~~ん、ブルース・リーねぇ、なんて思っていたくせに(苦笑;)
*以前はボブ・マーリィにはまっていました。→時には曲聴こうっと。
街に出るのも好きですね。
と、時には他の楽しみも持ちつつも、生き方としての自然観察の部分はぶれずに持ち続けて行けたらと思っています。
*リーもジャッキーも、ユンも凄いけれど、サモハンの切れのある動きもかな~り驚きです。ドニー・イェンもいいのかしらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のブログ予告

担当をやってきて、今年で7年目となる、豊橋公園について、観察会報告をしてきていましたが、それに加えて、豊橋公園の魅力について何回かに分けてまとめた記事を出そうと思っています!
私にとっての豊橋公園の魅力は何か?
何故、定例観察会担当になったのか?
公園内のフィールドとしての魅力、
今後の豊橋公園、どうあって欲しいのか。
などなど・・・。
本日、東三河自然観察会の総会が行われ、豊橋公園定例観察会についての審議もありました。
この辺りについても追々書いていこうかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また近々更新するのでスミマセン!

近所は回っているのと書きたいこと2題はあるけど、しばし更新さぼっていてスミマセン;
この所、香港カンフー映画レンタルしてはまる日々となっております;;
アニメ映画もうっかり借りてしまい、もう少しこの日々続きそう・・・。
とはいえ、こちらも書かないとね。
何と、嵐が活動休止とのこと。でも結構長く活動していたんですね。
こんな時も来ますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人口流れ星なんて

要らない。
宇宙エンタメとか色々あるようだけど、地球の周りには既に人工衛星などからのゴミ、デブリが漂っている。新たなデブリを生み出しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧