日記・コラム・つぶやき

でもってこっちには・・・。

何故かレオタードとかミニスカとかの広告が・・・。
これも、もちろん私じゃあ、無い。
第一着られないってば。
冗談抜きで熱中症には気をつけなければいけませんね。
豊田市で小学1年のお子さんが亡くなってしまったなんて。
あのあたり、こっちより暑いらしい。(冬は寒いのにね;)
あの方面での高校時代を過ごした子どもの証言付き。
「疲れた」というのは、この時期のことを思うとすぐに応急手当要ったのではないかな。
何しろ子ども達って、みんなが適切な意思表示をするわけではない事が、最近学校またいくようになって分かったよ。
この猛暑の注意の中の校外学習の是非も言われている・・・。
思い出すのが子ども小学3年の夏休み、某所水泳教室からの帰りの電車内で急にぐったり気味になり、家に帰ったら高熱で・・・。
あわてて熱のある部分を冷やしつつ、病院へ駆け込んだのでした・・・。
幸い、熱中症ではなかったみたいで、直に元気になったのでしたが。
今日は家にいるとき保冷剤をタオルにまき、首に当てて凌いだ・・・。
畑の草取りは夕方に行ってきたけど、近隣で肥料蒔いたためか、ハエが一杯草取りする私の顔めがけて来て閉口しました;紙製マスクしようかな、次回、でもこれも却って暑そうだ;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブログ広告油断ならねぇ・・・。 その2

閉店した別館たまに見に行くけれど、何故か?「男性の剛毛でも除毛」なんていう広告がでとりました(汗;)
わしではないですね;
暑い日が続きます。熱中症に注意。
フィールドワーク気をつけねば。
8月気温測り無事できるかな。
さて何度になるかねぇ、楽しみじゃねぇ(汗;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

悲しいことがあったり、自然に逆風も吹く中で

つぶやきが多くて・・・。
卯ノ里の悲しい報告が相次ぎ、そして今日は豊橋で設楽ダムについての集会が開催中・・・。
どちらも行けず、済みません;
気持ちは忘れず向けています。
設楽ダムは、、覆すのは厳しそうです。それでも署名など出来そうなことは協力していきます。
そんな中、昨日はクラブ活動に行き、、今日は、
諸々片付けの中、まとめのめどが見えてきた!
あともう1項目資料作って、
いよいよ全体の詰めに入ります!!
自分の出来ることは限りがあるし、果たしてこの「まとめ第2弾」が影響あるかどうか分かりません・・・。
でも、完成させたいです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読んだ会報から

その辻さんが立ち上げた藤前干潟の会会報が届き、現会長さんの報告から、昔、何度かお会いしたことがあり、学生の頃は見えなかったが卒業校の短期大学でも講義を受け持って見えた、野鳥関係の方が亡くなっていたことを知った。
何となく、このところ思い出していて、「お元気にしているかな」と思っていたのだが・・・。
優しくて穏やかな方でしたね。
(アンチの人もいたようで、いささか信じがたいのですが・・・。)
追悼記念企画検討中とあって、機会があればいってみたい。でも名古屋、そして藤前のある辺りはここからは遠い・・・。企画が藤前周辺であるかどうかは不明。
藤前干潟は最後に訪れたのが、埋め立てられるか否かで大揺れだった頃の藤前干潟いきもの祭りだったから。
何かの折り、バスツアー参加などで名古屋港を通るとき、「あのあたりに藤前干潟あるんだよな」と思い返すけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ムーミンマグ(アラビア)最近の動き

旧ブログの方で、一度、ムーミンマグについて書いたことがありました・・・。

この頃、トーベ・ヤンソンさん(ムーミンの作者)ご生誕100周年を記念しての、フィンランドはアラビア社で、記念マグ始めお皿やピッチャーなど限定デザインの製品が販売されていて、そのマグを買ったのでしたね。
この時のマグ、運が良ければ内側にメガネ(絵本の絵を題材としていて、登場する女の子がかけていたメガネがデザインモチーフ)が描かれたものが当たる仕組みになっていて、本国フィンランドもそうだったらしいですが、日本のファンの間でも注目されていました。
値段が少々高めでしたが、それはユニセフに売り上げの一部を寄付に充てるためとのことでしたね。
で、メガネ無しでしたが入手しましたが、、色々鳴り物入りだった割には、デザイナーさんが苦心はしたらしい割には、描かれているムーミン達の表情が乏しくて、今ひとつ感でした。
まあ、普段使いの一つとして今は使っていますよ。
日本の販売元の一つの某会社さんは、なんと5個買えば必ず一つはメガネのおまけ付きという販売の仕方を始め、販売開始から秒速で!売り切れとなってしまったという事態をネットで見て複雑になりました・・・。
旧ブログにも書いたかな?アラビアのムーミンマグ、レギュラーキャラクターものが新しく入れ替わって廃盤になったものとか、期間限定、特別限定だったものなどは、時が経つとモノによってはとんでもなく値段が上がるプレミアム物に化けることが、知っている人には有名だったりする;
なので生誕記念マグもですねぇ、下手するとその道を辿るわけで、またメガネなしだといらないとかになってオークションに出回ったりするのではないかとか、複雑な気持ちになりました。現にメガネ付きはそこそこの値段で出ているようです、ただ、デザインが今ひとつなためなのか、通常マグあたりはさほど高くは付いていないみたいですね;
そんな中、近々、またしても、とんでもない限定商品がでるらしいです。
今度は何とアラビア社自体で!!
なんでも来月「ムーミンの日」があるわけですが、その日24時間内限定での特別デザインマグが販売されるそうな;しかも販売元はアラビア社さん、またはその系列社限定みたいで、
日本では何と
生誕マグを5個売り+メガネおまけ、で販売したあの会社さんのみがやはり24時間限定で一人1個のみでの販売をするそうです;
ここの社長さん、そういったエキサイティングな売り方をするのがお好きなようですね・・・。
また秒速で売り切れるのかな・・・。
いえね、買いたい人は挑戦されればと思います。デザインもトーベさんのコミック絵から起用の物らしく、なかなかに良いです。
ただ、、
1日限り限定というこの売り方、まあアラビアさん販売価格自体は適正価格なので暴利をむさぼるわけではありませんが、
後にやはりとんでもない価格につり上がってオークションに出されることは目に見えていそうだ;
廃盤になった昔の物とか、限定出てた物がゆくゆく値が上がっていくことは仕方ないことだとも言えるし、まだまあ、許せる範囲。
でも、↑のようになることは最初から分かってながらそうな売り方を大元自体がするのはなんだかあまり賛同できないんですよ;
第一、原作者さんのトーベさんがお空の上からそんな現象をどう思って見ているのかな?と思ったりしませんか?
やはり、マグのデザインの背景となった絵の物語やコミック、描いたトーベさんの想いとかを思い浮かべながら使っていきたい物だと思うのですよね。
しかし、ムーミンアラビアマグ=コレクション物、プレミアム価格あり、という感覚はしっかり根付いているみたいで、名古屋でのデパートでしげしげ見ていたら、店員さんがそういう感触で接触してきたこともあります;
この手のムーミンマグ、やはり気に入った絵柄だから買う、というのが一番です!
とはいえ、プレミアム物は流石に手が出せません;
ましてやコンプリートなんて、よほどの財政に余裕でもない限り、おやめになることですよ;まじめな話、破産するやもしれん;;
旧でもうマグは買わない、と言ったくせに、その後結局ウィンターマグ「ハイバネーション(冬眠)」と、今年のサマーマグを買ってしまいましたね。純粋に絵柄が良くて気に入ったからなのでした。
もうこれ以上買うんじゃねぇぞ;ただでさえ、息子のいた学校での窯業製品買ったりしたので食器棚のスペースがほぼ埋まっている;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブログ広告油断ならねぇ・・・。

ムーミンマグ、とあることで検索していたら、案の定、ここのブログ広告スペースにお出ましになりましたね(笑);
うかつに妙なモノ検索できねぇな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

名古屋へ。

今日までだった、名古屋市美術館での企画展「モネそれからの100年」観に行ってきました。
そして1年ぶりに鳥友であるTさんともお会いし、色々おしゃべりに花が咲きました!
Photo_26
この頃私が大騒ぎしている、例のメリケントキンソウについて興味を持って見えたので、もしかして、と美術館のそばの白川公園グラウンド辺りを見てみたら、、、ありました!!
まだ小さな個体が散発的にでしたが。
勿論今回は見つけた範囲の株は抜いてゴミ箱へ。でもまだあることでしょう・・・。
ただ、今の段階でなら、本気を出せば駆除は可能です!市の公園担当部署のサイトに意見投稿しておきましたが。
この日の夕刊にも、丁度名古屋市内のメリケントキンソウについて載っていましたね。
Photo_20
モネ展は平日にも関わらず、観に来た人が多かったです。
Photo_21
何でも京都の和菓子屋さんや東京(だった;)の飴屋さんによる、展示期間限定のお菓子もありました。
Photo_22
美味しかったです。
*展示はもう一度出かけて観に行こうかと思いましたが、どうも不調期とぼっとしたいのと、溜まった家事との兼ね合いで;叶いませんでした。最終日も混んでいたようですね。
当日、展示を見て、お昼ご飯の後、久屋大通公園を見てきました。Tさんによるお勧めで。
Photo_23
公園内はケヤキなどの植樹と、ツタが主なんですが、その中にも隙間や芝地なんかにスミレとかオオバコとかヤブガラシ、ヒヨドリジョウゴなど思わぬ在来植物がひっそり生えていたりしました。名古屋のど真ん中なのに!
Photo_24
公園で出会ったハシブトガラスの幼鳥君。逃げなかったですね。スマホで撮らせていただくときにTさんの「ハイ、笑って!」のかけ声は変わらぬユーモアの証です!
Photo_25
お話し聞いて初めて公園が、名古屋城の近くまで繋がっていることに気がつきました。
最近この公園を再開発で、樹を伐採したりして、店舗を呼び込み、人の賑わいを呼ぶ計画があるそうですが、むしろ名古屋城から続く緑の回廊として、都会で疲れた人々のオアシスとして、またヒートアイランド緩和の役目として活かした方が良いのじゃないかな~、と思うのですが。
折角の「生物多様性国際会議の場」COP10の理念はどこへ行った!?と思いますね。
またこの辺りは近々行こうかな。何でも松坂屋でジブリ鈴木プロデューサーさんの展覧会があるそうですね。「本が読めるホテル」も興味がある。
アンチの方も多い?名古屋市ですが、かつてお勤めに出ていたり、友達と遊んだりした場所でもあり嫌いではないです。時には行ってみたくなるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自らを大事にしないボランティアは続かない

某所ボランティアがどうやらいろいろ大変なことになっているようです。
極めて薄い関わりでしか無く、今後もあるならそれくらいでしか出来ないので、力にも、議論にも出られません、申し訳ないけれど。
ただ、言えるのは、自らを破滅までして行うものではない、ということ。
また他者を破滅させるのもナンセンスではあるが。
基本、自らの健康と家庭などがきちんとあってこそ、こうしたものは出来るのだから。
対価をもらう仕事ですら、あまりなオーバーワークは良くないのだから。
そして、、ボランティア協力のお願いで、最初から苦行ありきを強いるようなメッセージは、、やはり2の足、3の足を踏んでしまう。
また、問題の根本が具体的に見えない中で、ただ情に訴えるのも良い方法とは思えない、ごめんなさいですが。
こうした活動は、楽しさや、前向きだったり、大変さが(少しね、あまりに多いのはイカン;)あっても何らかの意味があることをきちんと押し出せる物であって欲しい。
別のジャンルが違う場所では、事務局の協力者の奴隷扱いな感じが見えてしまい、辞めてしまいました。いや、私はそんなに関わり深くは無かったですが。
最近、NPOなどこうした市民団体活動での労務問題とか、パワーハラスメントの問題も言われ、取り上げられるようになったけど、これは良いことだと思う。
健全だったらこんなことにはならないで維持されてきているものだと思うので。
*別の方が「基本は子ども!」自らや家庭を犠牲にしてしまうのは良くない、線引きが大事と書かれてて、実際そのようにされていますが、それは大事なことだとも言えます。
中途半端に引き受けるのは、却って良くないですしね。
*ある場所で、一見冷たく無機質なような(私としては基本情報だからそうとは思わないのですが)話題しか出さないのは自衛のためでもあることを付け加えておきます。
しかし、、、このところの妙な流れで、折角の記録を書くこともままならなくなってしまった;しばし寝かせておこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

後もうすこし・・・。

ご近所の自然のまとめ第2弾、なんだかんだでまた中断していましたが、
今日、少し取りかかり始めました。
ある表を他の方がとりまとめて下さって、利用可とのお返事いただいていたものを、年号や分類準などを打ち直ししました。
もう1種類あるけど、これまで載せてしまうと広がりすぎて、とりとめなくなってしまいそうなので、それは載せない可能性が高いです。
あとは、あの項目と、あの項目のあの絵を完成できれば・・・。
そんなこんなをしている間に、環境省がレッドデータ2018年版を出していました!!
ええ~~!!どうしよう!?
多分そんなに、、近所に関しては大きくは変わらないのではないかと思うので、2017年版の基準のままでいこうかな?見るだけ見てみようかな・・・。
早くしないと次々新しい基準などが出来てくるので、そろそろケリは付けたいところです!
*やはりチェックしました。近所の場合はさした変化は無かったですね。順序とか少し直すくらいで済みます。ある生き物が新たに入れられそうな気もしますが、この種にも似た外来種が既に侵出しているそうで、普通に外で目視しただけでは判別不可能なので、入れれない(泪;)魚です・・・。
そういえば、ある両生類が新たにレッドリスト入りとのニュースも目にしましたしね。近所にはまずいませんが。
そしてリスト対象外にされそうであったオオタカは、今回もリスト入りしています。
追記
表は振り出しに戻ることに・・・。使えるのは限られてきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

斜めの動き

3.11があった後、新城市でそのことの関しての田中優さんの講演があり、行ってきたことがあります。
その後の状況は、表には出ないものの、その時の田中優さんが見立てていた楽観的な感じとは、残念ながら違ったものになっているけれど。
講演の中で、田中優さんが、世の中の動きを変えていくための動きというので、政治家になって国を下から上へ変えようとする「タテの動き」があって、もう一つは多くの人たちに伝える、ムーブメントを起こして世論を変えようとする「ヨコの動き」があるけれど、その2つだけでは上手くいかない、しかし、解決するための具体的な仕組みや方法を考え、実行してみせるという「ナナメの動き」もあって、社会を変えるのにはその3方向が必要なのだと言っていたのが印象に残っています。
優さんの場合は電力の現実的な取り組み方(原発に頼らず、温暖化を招かない方法)でしたが、自然環境保護にもこのことは言えるのではないかな・・・。
良くないことを言っていくことも、正しくない行いを止めてほしいと言うことも大切だけれど、やたら糾弾だけでは説得力も共感も得られない。
具体的に、こうしていこう、とどう伝えていけるか、そちらの方が建設的でもあるし、良い方法を模索していくこと、その方がきっとプラスになるのだと思う、この頃。
まあ、現代、自然との良い付き合い方はまだ出来ていないし、自分自身も「自然を守れている」なんてこの頃は思えなくなってきている。それでも良い方法を模索したいし、頑張っている他の場所は応援したいと思う(可能な範囲でですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧