旅行・地域

岩村城へ

地域の関連でのバスツアーに参加してきました。

岐阜県恵那市周辺へ。

Photo

カキドオシが見事だったので・・・。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

岩村城趾や、大正村などを廻りました。

帰りに豊田市は小原村を通りました。

ここらの辺りでは、ヤマザクラも咲いていましたが、カスミザクラが丁度見頃となっていましたね。(4月14日)

・・・と、いうことは、、

翌週の海上の森でのカスミザクラ花は、もう見られないかなぁ?(実際、その頃にはもう終わってしまっていました;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和歌山2泊3日旅記 まとめ

画像とページが多くてご免なさい;;これで終了です。

和歌山で、食べたかったものに「和歌山ポンチ」があったのだけど、和歌山ポンチがメニューにありそうなお店に行くことができませんでした。

最初のカフェには無かったし・・・。

辛うじて、和歌山駅に隣接するお土産売り場で売っていたのを買うことが出来ました。

Photo_56

ネット通販でも買えます。一瓶500円とちょっと値が張るかな・・・。

何でもファミリーマートでも売っていたらしい。

お店の人に和歌山ポンチについて聞いたところ、お店の人も外であまり見たことが無いとのこと。意外とメジャーにはなっていないのかな、という感じでした・・・。

あと貴志駅たまのお土産店で買った梅干しが超美味です!

梅やミカン関連の商品は多いですね。串本近くの古座では柚子も特産品のようです。

とにかく、和歌山は広い・・・。南部から北部まで、電車で廻る形となりました。四国の遠さを思えばまだいいかな?

そして暖かい!!凍えると言うことを知らず、豊橋駅に着いた途端「・・・寒いね」となりました。常春の渥美、、でも空っ風があるしね。

今回は和歌山で具体的に行きたい場所が串本海中公園と貴志川線だったのと、色んな電車に乗りたいYu-Yuさんの希望も普段あるので、このようなプランでしたが、パンフレットとか情報集めると、他にも面白そうな所はありそうです。(アドベンチャーワールド南紀白浜、というのはあまり我が家は頭になかったようで;;)

海辺はとにかく磯場が多いので、暖かい季節に行くと楽しめそうな気がしますね。

海と山が大部分を占めている感じです。山や森は暖かい常緑樹メインな感じですが、トレッキングとかあっても良さそう。探すと実際あるみたいです。山が険しいと体験寄せて暮れた人もいます。

自然観察などの活動はどうなのかな?あまり良くわからないけど人知れずあるとか・・・。南方熊楠さんの地なのでもう少し活動あっても良さそうな気もしますね。

言葉の感じも、エスカレーターの並ぶ位置も「関西圏」なのだと実感です。いつものクセで左方向に寄っていたら律儀な息子に注意されました;

以上、まとめでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和歌山2泊3日旅記 10 貴志川線ですよ~。

帰りの電車に乗ることにしました。

Photo_51

帰りは何と!梅干し電車!!

電車には「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」などもあるそうです。

Photo_52

電車内。椅子も内装もなんて可愛いのでしょう~~!!

Photo_53

Photo_54

Photo_55

貴志川線、全体の感じは、渥美線に何となく似ていますね。

かつては赤字だったのを、たま駅長が人気になって、赤字から救われたそうです。

ニタマ、よんたまさん、どうかストレス無い勤務で、末永く元気にいて下さいね。

パンフレットなどでは、貴志駅周辺のお店案内とか、路線沿いのお店の紹介や観光案内など、貴志駅以外の場所のアピールもありました。

和歌山駅に着いて、近くでお昼、その後、電車で和歌山市駅まで移動して、南海電気鉄道特急で大阪難波、地下鉄難波に乗り換えて新大阪、そこから新幹線で豊橋まで。

新幹線は流石速いなぁ~~。

こうして2泊3日の和歌山の旅行は終わったのでした。

次の「まとめ」にてこのシリーズ完結です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和歌山2泊3日旅記 9 貴志川線ですよ~。

さて、和歌山駅に着いたら、大きな荷物はコインロッカーに入れて、いよいよ猫の駅長さんがいる貴志川線に乗ることに!

貴志川線のある和歌山電鐵株式会社さんのサイト。

http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/

貴志川線に行くのには、駅のホームにいる駅員さんに訪ねてから、一旦ホームに入り、案内に沿って貴志川線乗り場前まで行くと、切符売り場があります。戸惑うと思うので、まずは和歌山駅ホームで駅員さんに聞くのが一番です!

駅長さんは終点貴志駅にいるので、そこへ。

1日乗車券を買うのがお得です。

Photo_39

最初に乗ったのは、ごく普通のローカル列車。

Photo_40

1日乗車券。この乗車券見せると、割引サービスなどしてくれるお店が路線の駅毎にあるそうですヨ。

Photo_41

貴志駅着きました。ホームから外に出たところ。

Photo_42

2代目駅長、ニタマさんです。着いた当初はお昼寝中でした。

Photo_43

Photo_44

起きたところを。尚、撮影などには諸注意が掲示してあります。フラッシュ撮影はNG。オフにしてありました。

行った日はお休みの日でしたが、途中の駅伊太曽駅には駅長見習いよんたまさんがいますよ。

Photo_45

こちらは初代駅長たまとその功績を示す展示。2015年に亡くなりましたが、永久名誉駅長の任命を受けました。

列車は1時間毎なので、その間、グッズを買ったり、併設の「たまカフェ」でまったりすることに。

Photo_46

おまんじゅうとコーヒーのセット。

Photo_47

カフェラテはこんな感じ!

Photo_48

食いしん坊青年Yu-Yuはフレンチトースト。飲み物はほうじ茶を。ほうじ茶がこの辺り特産なのかな?

Photo_49

椅子のデザインも凝っている。2タイプありました。

Photo_50

カフェ全景。

来訪時にトラブルにならないよう時に和歌山電鐵さんでこんな注意が出たこともあります。Wkkipediaさん掲載からコピーしておきます。

訪れるときは、是非参考にして守りましょう。

  • 公休日でもイベントなどで短時間「休日出勤」していることはある。年末年始など売店休業日や荒天時も休みとなる。臨時出勤日や臨時休業日については、和歌山電鐵の公式サイトや「貴志川線応援ブログ」を参照。
  • 駅長室で寝ている駅長をガラスを叩いて起こすなど大きな音をたてる行為は、ストレスを与えるので、行ってはならない。
  • 当駅には駐車場など車を止める場所はない。和歌山電鐵では乗用車で駅長に会いに訪れる際には伊太祈曽駅または和歌山駅周辺の駐車場を利用し、貴志川線に乗車するよう案内している。
  • 写真撮影は自由だがストロボ(フラッシュ)を点灯させると駅長たちの目を痛めてしまうので、撮影の際はストロボを点灯させないこと。
  • 猫は犬など他の動物に近づかれるとパニックを起こすので、連れて行ってはならない。
  • 健康管理に影響を及ぼすため、食べ物を差し入れてはならない。猫じゃらしとして近づけたエノコログサ猫草として食べて吐いてしまうのでこれも差し入れてはならない。

 

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和歌山2泊3日旅記 8

串本からJR和歌山駅まで電車で移動ですが、乗車までにもう少し時間があるので、磯場の一つに降りることにしました。

Photo_27

これは、海中公園に行く前に、道の駅串本の屋台で買った「煮貝」。トコブシですね。他にもツブガイっぽいものが入っている奴なんかもありました。500円。Yu-Yuさんはマグロカツなんてのを買っていました。

レンタカー車内や、その後の電車内で頂きました。

こういうのはここならではだね。

Photo_28

磯場でめぼしきタイドプール廻るのだけど、冬だからか、満ちているからか、めぼしい生き物なかなか見つからず。岩場はカワウのものらしき糞もあった。

中にはまあ瀕死状態ですが、打ち上がってか、こんなデカイヒトデもあったりした。

で、気をつけないとプールにはまるので注意→はまったらしい;

Photo_29

海岸は、こんな感じの小さな石粒。中にはサンゴのかけらも混じったりしていました。

やはり渥美の表浜海岸とは様子が違いますね~!!

何故か浜にイノシシの毛皮が2体分あったり、浜にもウサギが出るのか?糞があったりした。

時間になったので串本駅まで戻り、レンタカー返して電車に乗りますよ。

Photo_30

駅のホームの隙間にイソヒヨドリがいた。

Photo_31

オオタニワタリの鉢植えが置いてありました。

串本町は、のどかな海辺の町という感じでしたね。

電車で和歌山駅まで。

Photo_32

こんなラッピング?電車があった。

串本町辺りはわずかにコナラがあるものの、全体は照葉樹の山並みが続いていました。

だんだん和歌山駅に近づくに連れて、多少はコナラが多い里山っぽい?場所も見られましたが。

白浜駅からは乗ってきたお客さんが多かった。おそらくは南紀白浜アドベンチャーワールドに来ていたのだと思いますね。

Photo_33

白浜過ぎた当たりから、山の斜面にミカン畑が目立つようになってきました。

和歌山駅に到着・・・和歌山駅周辺は、街でしたね~。豊橋みたいな感じかな。和歌山城も外から見ましたが、結構立派な感じでした。

ここから2泊目の宿に向かう。調べたバスの時間が実際は違ってたみたいで、まあ行きはタクシーで向かうことに。

着いたところは和歌浦温泉のホテルというのか民宿というのか?全室海が見えるちょっと豪華な場所でした。

建物自体はリニューアルした、元はそこそこ古いものらしいですが、受付済ませて好きなタイプの歯ブラシセット選べたり、従業員さんがお部屋まで案内してくれたり、最初の国民宿舎よりもゴージャスさ演出。

無料で珈琲なども飲めるラウンジも、落ち着けて、置いてある本なんかも良くって気に入りました。伊藤若冲画集見れたり、別冊太陽の南方熊楠特集本読んだりしました。南方熊楠は和歌山のエコロジストさんだったのか、、今初めて知った・・・。

お食事も、美味しかったですね。お刺身のわさび、鮫皮のおろしでするとか凝っていたなぁ。ただ、、こういった場所のおきまりで、量が多いのは苦しい;;食べ盛りの18歳青年には嬉しかったらしい。

ただ、、仲居さんがもう少し引いた対応の方が良かったなと思ったのと、他のスタッフさんが一人用鍋に火を付けるのをうっかり忘れたり、デザートに私の分だけようじがなかったり、朝のバイキング形式でも、カレーの場所とか、フルーツポンチの場にスプーンがあれば良かったのに、、、、などなど、もう半歩なところな気がしました・・・。まあ些細な事なんだけどね。

ネットでの口コミ評価が星4つ止まりが多いのは頷ける。でも前の評価よりは上がっているのでしょうね。

全体面としては、まま良かったですよ。

翌朝、少しだけ散歩に出ました。

最初は私だけ、近くの山の遊歩道を途中まで行ってみた。途中何か動くので木を見上げたらリス?あれ?別の場所にも、あっちにもいるぞ、、ニホンリスにしてはなんか違うのでタイワンリスかな?と、案の定帰って検索したらどうやらそうらしい、という残念さでした;

Photo_34

これは宿泊場所からの海。

Photo_35

磯場も見てみた。ここのは割とイソギンチャクなんかがいたりして、磯っぽい。

Photo_36

Photo_37

こんな岩場があった。

Photo_38

でもって、Yu-Yuさん、左側から登って、何と矢印の場所まで上がったらしい。怖そうな所もあったけど気をつけて行ったと言うが、、無謀な真似は止したまえ(汗;;)ちょっと冷や汗でした(親が)。

散歩から戻ったら、フロントの方が「今日は寒かったでしょう?」と話しかけてくれましたが、「愛知から来たけれど、こっちは暖かいですよ~」と応答。

ここもチェックアウトして、再び和歌山駅まで今度はバスに乗って戻り。割と地元の人が使うみたいで1時間かけて海辺の町から中心街へと向かいました。

次から猫の駅長がいる貴志川線シリーズです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和歌山2泊3日旅記 7 串本と言えば、串本海中公園!!

この日は、「バックヤードツアー」が可能となっていて、水族館の知られざる場所へ行くことができました。

水槽の上の方に上がれました。

Photo_19

スタッフさんが魚の餌を準備中。

Photo_20

Photo_21

その餌を買って、餌やり体験が出来るというもの。お皿の左上のアミは小さな魚用で、食べ木にて暮れましたが、イワシか小サバクラスの魚は大きな魚用、、しかし大きな奴に狙って投げても食べてくれなさそうで;;ようやくウミガメさんが食べてくれたみたいですが。

Photo_22

水中トンネル式大水槽に来ました。

Photo_23

高速で魚たち泳ぐので撮影難しい;

一通り見て、お土産も買って、まだ時間があったので、、

Photo_24

やっぱり、もう一度ここに来てしまいますねぇぇ。海中展望塔(入場券見せれば再入場可能)。

やっぱりフグの仲間のキタマクラ。

松本零士先生の漫画「漂流幹線000」では、悪役として北枕教授なんてのがいたな・・・。

この子(魚)はカワイイのだけどね~~。

Photo_25

やっぱりクマノミさん。

Photo_26

ニシキベラすぐいっちゃう;

展望塔周りでは、メジナに餌やりも行われているようです。適度で止めて欲しい気もするかな・・・。

この後レストランでお昼を食べました。食券を買う方式の所は基本持ち運びはセルフなのですが、ここでは店員さんが運んだり下げたりしてくれた。なんだかこの辺りの人たちは暖かい人が多い気がしますね。

以上、旅の目的の一つ、串本海中公園でした。

まだ続きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和歌山2泊3日旅記 6 串本と言えば、串本海中公園!!

ウミガメパークにやって来た。

Photo_10

こちらはアオウミガメの子ども達。

Photo_11

こっちは豊橋~渥美にもやってくるアカウミガメの子ども達。

Photo_12

アカウミガメちびっ子軍団・・・。

大人のウミガメのいるプールでは餌やりも出来ます。

Photo_13

こちらはアカウミガメ。

Photo_14

英名がLoggerhead=ロガーヘッド。「頭でっかち」という意味。なるほどね。

決して、Red sea turtleではありません(笑:ローカルテレビでそう言い放っていたらしい)。

Photo_15

奥の方にいるのがアオウミガメです。渥美方面にはこちらは来ないですね~。頭の大きさが違うのおわかりでしょうか?浦島太郎のカメのイメージはこちらですね。

南の暖かいところにいるカメで、串本にもいるのだらしい。

Photo_17

アカウミガメ、アオウミガメのいるプールとは仕切られた形でいたのは、一回り小さいタイマイというウミガメ。

Photo_18

海中公園分の更新はあともう一つです。
続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和歌山2泊3日旅記 5 串本と言えば、串本海中公園!!

お昼過ぎには電車に乗って、移動の予定なので、海中展望塔を1度後に、水族館に行こう。

Photo

正面の建物がそうです。

Photo_2

串本にいる魚を展示しています。

Photo_3

Photo_4

手前のはアオヒトデ。海中観光船底からも沢山いましたね。右奥は悪名高いオニヒトデ。

Photo_5

こちらも船の底から沢山いた(転がっておった)、ニセクロナマコ。食用にはならない毒を持つナマコらしい。

Photo_6

行った日は12月24日。クリスマス仕様の水槽もありました!

Photo_7

奥に固まっているのはゴンズイの群れ。

Photo_8

Photo_9

でっかいなぁ・・・。ニセゴイシウツボと言うのだらしい。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和歌山2泊3日旅記 4 串本と言えば、串本海中公園!!

さて、海中展望塔の中に来ました。

Photo_26

こんな風に円い窓が並んでいて、海の中を見ることができます。

Photo_27

サンゴと、魚がいました。

魚は、海中公園のサイトなどを見て、分かるものだけ名前を付けていますが、お魚そんなに詳しい方ではないので、中には間違っているものもあるかも知れません;正しい名前知っていたら教えて下さいませ。

Photo_28

船の底からも、沢山いた青い魚はソラスズメダイ。飼育すると青い色が黒くなってしまうのでできないそうです。

Photo_29

Yu-Yuが「ハリセンボンだ」と。ハリセンボンの名が出るとは、、確か「ダーウィンが来た」を見ているので、そこで出たね、ハリセンボン。

Photo_30

おみやげ屋さんで膨らんで針が逆立った張り子状態になって売られているのを見たことがあるけれど、生きた姿をこんな間近で見られるとは思いませんでした!!

Photo_31

左は多分コブダイ?そして右上はニシキベラ。ニシキベラは好奇心一杯なのか、時折窓の向こうからこっちを見にやって来ていました。

Photo_32

Photo_33

Photo_34

クマノミです。「ファインディングニモ」のニモとは違う種になります。

*ニモのモデルはカクレクマノミまたはクラウンアネモネフィッシュ(やはりクマノミの仲間ですが)なのだそう。

Photo_35

この時の一押しがこの方だった。こっちを見にやって来たとしか思えない。シマウミスズメというハコフグの仲間だそうな。

Photo_36

Photo_37

ミナミイスズミ?という大きな魚のクリーニングをするホンソメワケベラの姿も見られました。

このほかにも、イカが泳ぐ姿も見ることができました。生きているイカが泳ぐ姿は綺麗だったな・・・。

観に来ているお客さんの中には、魚に詳しい子どももいたりして、「メジナがいる!」などと話していましたね。

Photo_38

塔の外に出ると、先ほど乗った海中観光船ステラマリスが次のお客さんを乗せて航行中。

Photo_39

この辺りは2005年11月にラムサール条約に登録されたそうです。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和歌山2泊3日旅記 3 串本と言えば、串本海中公園!!

今回の旅の目的の一つ、串本と言えば、ここは外せない!!

串本海中公園!!

http://www.kushimoto.co.jp

大分前、まだ家人がウミガメ調査やっていた頃、年に1回日本のどこかで開催される日本ウミガメ協議会のウミガメ会議(ウミガメの調査や保護活動をしている個人や団体、研究者などが集まってそれぞれの課題などを語るという場)に私も2度ばかり参加したことがありますが、その中にここで勤務している人も見えていました。なので存在は知っていたのでした。

到着して、水族館と海中展望塔、観光船乗船のセット券3人分購入。

直に海中観光船ステラマリスが出港するとのことで、まずは船に乗りました。

Photo_19

船底に降りると、海の中の様子を見れる仕組み。サンゴが広がるポイントまで移動しながら海中の様子を見ます。

最初はスクリューから出てくる泡で見えない(じっと見ていると酔うそうです)ですが、だんだん見えてきた・・・。

Photo_20

サンゴが広がっています。

Photo_21

テーブルサンゴの群落。

Photo_22

Photo_23

本当はお魚も、海底に転がるナマコの仲間も、ヒトデも見えたのですが、デジカメで上手く撮れず・・・。

船員のスタッフさんが、現れる魚などの解説をしてくれますが、中にはどれがそれなんだか分からないまま過ぎていく。

窓からなかなか離れられません、かぶりつきで見ていました。

Photo_24

Yu-Yuは途中で気持ち悪くなったので、船上に上がり、家人も上がったりしました。

面白いのに~~~。

Photo_25

ステラマリスから降りた後は、橋を渡ってこの海中展望塔に向かいます。

入場券を見せて、長い螺旋階段を下りていきました。果たして・・・。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|