« 10月13日の豊橋公園定例観察会 台風19号による影響があった場合 | トップページ | あいちトリエンナーレ行ってきました。 »

台風19号による災害お見舞い申し上げます。

大型の台風19号による被害が、長野や東日本方面で主に出て、大変な事と思います。

やはり停電や断水のある地域もあるようです。

できるだけの早い復旧があることを願っています。

こちらでも、多少の川の水量増しがあったりしたようで、一部停電もあったようですが、大きな被害には至らなかったかと思います。

とはいえ、次も起こらないとは言えません。

国は今後、災害対策に力を注いで欲しいと思いますが、同時に私たちも普段の対策を忘れず行うことが必要だと感じています。

さて、今回、試験湛水中であった八ツ場ダムが、雨であふれた上流の水を受け止めたことで、思わぬ治水効果になったことが話題となり、それを讃える書き込みが見られています。

同時に脱ダム政策を取ろうとしたかつての政治家への批判が起こってもいます。

今回のこと、事実はしっかり見ていきたいところでもあり、確かにいきなりの当時の政策が良かったわけではない部分もありますが、一方で一気にダム建設容認の流れになり、実際に必要かどうか争点になっている場所への不当なバッシングや、後付の建設の理由付けなどが起こらないかという心配をしています。行政辺りはすぐそうしたがるから・・・。

千曲川での治水対策では、下流域の堤防域の狭さが招いた点も言われていたりします。

この辺りはもう少し詳しく検証がいると思います。

しかし、今後この規模の台風はこれからも来るかも知れませんね。温暖化の影響なら。そして、奇跡的に先進諸国の足並みが揃って温暖化対策が進んでも、すぐに温暖化が治まるというのでも無いと思うと、色々課題が大きいものがありそうです。

観察会は結局中止となりました。

台風前のスーパーは、買い出しの人で多かった;ペットボトルの水とか、懐中電灯、インスタント食品などが売り切れた模様。我が家でも懐中電灯家族分と電池、多少の水、缶詰など買いましたが、同時に水筒や大型空きペットボトルにも水道水入れ、お風呂の浴槽にもお水を溜めたりしました。

 

|

« 10月13日の豊橋公園定例観察会 台風19号による影響があった場合 | トップページ | あいちトリエンナーレ行ってきました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。