« 「トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界」感想! | トップページ | 9月の海上の森自然観察会 その2 »

9月の海上の森自然観察会 その1

9月21日の海上の森自然観察会(尾張自然観察会定例)に参加しました。

雨になるかな、と当初思っていましたが、降らずに済みました。参加人数は少なかった分、いつもよりもよりゆったりしたペースの観察会となりました。

また、8月末辺りから起こった腰痛が、治まっては来ていましたが、果たしてどれ位歩けるのか予測が付かない。蔵王山(田原市の往復2時間の少々登り甲斐のある低山)もまだお試しで行ってない中、大丈夫なのか?

ただ、海上の森のここでの観察会ならば、コースにもよりますが、途中で調子が悪ければお昼までとかで引き返しが可能なので、後々後悔するよりは行ってみましょう、と言うことで。

コース予定は、駐車場~四つ沢~物見山登り口途中~里山サテライト~瀬戸大正池~戻り、、でしたが・・・。

毎回の事ながら、ここでの海上の森観察会は、すっかりインセクトワールドの世界です(^^)

Dscn4832

まずは、この虫から。これ何~~だ?→オジロアシナガゾウムシだそうです!

Dscn4836

オオホシカメムシ登場!

Dscn4837

イタドリも咲き始めました。こちらは雄株。

Dscn4839

ギンツバメという蛾の仲間です。

Dscn4843

キハギも咲いていました。野の萩の中でこれは結構好き。

Dscn4847

ボケボケ画像のアカトンボの仲間。

Dscn4850

おそらくはマユタテアカネかな?

Dscn4852

トサカフトメイガの幼虫に葉っぱを食べ尽くされたであろう、ヌルデの樹!でもめげずに枯れることなく次の葉を出すことでしょう・・・。

Dscn4854

もう宿主はいなかった・・・。→いるよ!!ダイミョウセセリの幼虫さんが。

Dscn4855

こんなかわいらしいドア。

Dscn4858

森の中にあるカキ。多分に渋いカキだと思うので、これだったなら、柿渋実験も上手く行ったかも知れないなぁ、と思ったり。

Dscn4860

一般参加者の(と言ってもここでは指導員さんと一般の方との垣根と言うものが無いです(笑)でも良い形です)Oさんが見つけたのは、クズの葉先にいたコミスジ幼虫。

Dscn4864

先ほどの小部屋の住人と同族の方がいました。

Dscn4865

ダイミョウセセリの幼虫ですね。

Dscn4870

セスジツユムシ。脚の一部に棘があることが見分けのポイントなので、皆で脚を見ていたら取れてしまった・・・。(こうして敵から逃げるそうです)

続きます。

|

« 「トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界」感想! | トップページ | 9月の海上の森自然観察会 その2 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。