« 10月13日は、豊橋公園定例観察会です! | トップページ | お彼岸過ぎにようやくヒガンバナが(ご近所の自然観察) 続き »

お彼岸過ぎにようやくヒガンバナが(ご近所の自然観察)

9月25日、お彼岸過ぎのご近所めぐりの様子です。

この日あるイベントが朝から開催され、とても実は気になってもいましたが、この週はある用事があり、当然家事などもあり、そしてこの時期「秋疲れ」になる不調期でもある。

週1のご近所めぐりも自分としては避けられないのでご近所フィールドめぐりを選択としました。

SDGsも気になるけれど、この年のヒガンバナのことも気になっているので今回こちらを選択。

益々欲しい分身、プラナリアの術、益々衰えるパワー、、流石に二十代や三十代、四十代のようにはいかず(苦笑;)

Dscn5088

ツルボの時期は割と9月始めから後半まで長いですね。こちらの場所のツルボは、もう豊橋に来たときからずっとここに咲き続けているので、23年経つことになるね!!

Dscn5091

N池土手にも出ました。

Dscn5093

ようやく、ヒガンバナのつぼみも!あれれ、お彼岸の日は今年はその前日24日で明けてしまったよ・・・。

ヒガンバナの今年の時期については次の次で詳しく取り上げます。

Dscn5095 

良い天気、良い青空、最近買った「別冊太陽」特集田中一村の絵みたい!!

Dscn5098

テイカカズラの実の鞘。

Dscn5103

N池を通りがかると、必ず「ピッ!ピッ!」という声がします。カイツブリの警戒声ですね。今回の発生主さん。明らかに私を見て警戒していた。何もしやしないよ~~。

Dscn5110

別の場所では若い子が。

Dscn5112 

こちらはまた別の成鳥です。

Dscn5115

カルガモではない、、、コガモのようです。まだこの個体以外では今の所見ていないね(10月9日現在)。

Dscn5121

この形は綺麗。ホシアサガオ。

Dscn5123

今年も近所のコナラは多くは無いながらもドングリ付けました。

Dscn5124 

ようやく咲き出した感じのヒガンバナ。この時期もう少し本当は咲いていて良いはず。

Dscn5126 

Dscn5127

O池で。この辺はススキが出てきていますが、まだここだけ。全体的にはススキも出は悪いです。豊橋でのススキが本格的に穂が出るのは、十五夜ではなくて、その次の十三夜になるのでしょうね。

Dscn5129 

秋の花の代表の一つ、アキノノゲシも咲いています。

続きます。

|

« 10月13日は、豊橋公園定例観察会です! | トップページ | お彼岸過ぎにようやくヒガンバナが(ご近所の自然観察) 続き »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。