« お彼岸過ぎにようやくヒガンバナが(ご近所の自然観察) | トップページ | 今年のヒガンバナはやはり遅かった »

お彼岸過ぎにようやくヒガンバナが(ご近所の自然観察) 続き

さてさて、コース進むと、、

Dscn5131

タンキリマメの葉っぱ。あれ、海上の森でもどこかで同じような葉っぱがありませんでしたか~?

Dscn4975_20191009073501

そう、これです!でも、よく見れば、上の方の葉っぱの軸が長い。こちらはヤブマメの葉っぱなんです。手触りもタンキリマメの方がゴワゴワしていますよ。

Dscn5135 

M池で。気になっていた「ママコノシリヌグイ?」がここにも。しかし葉っぱの形が明らかに違います。後日何ものなのかが判明しました。

Dscn5137

こちらもまだだね。

Dscn5139

Dscn5141

小さい方のS池で。セイヨウタンポポが咲いていた。実は、在来トウカイタンポポの画像は記録に取っているのに、外来のセイヨウタンポポは残していなかったんですよね~!!やはり有り難みがない、と感じてしまったのでしょうね。しかし、愛知県の「モニタリングハンドブック」では指定種で、いざ、報告、となると、画像がないと弱くなってしまう。

画像を撮るときは、記録、と言う視点を忘れないようにしたいと思います。

かつての撮影に技術を要した時代とは異なり、こんな私でもそこそこの画像が撮れるようなデジカメが出来たのですから。

Dscn5143

ここにはキツネノマゴが沢山あった。あまり無いかと思っていたのよ。

Dscn5146

イヌタデだね。コガモと同様に今年の生物暦に報告せねば。

Dscn5148

ヤマノイモのムカゴ発見。採らなかったけれど。

Dscn5149

線路沿いのマメアサガオもまだ咲いています。

Dscn5152

もうすぐセイタカアワダチソウも咲く頃。

Dscn5153

クズの花にウラギンシジミの幼虫いないかな、、と思い、大きい方のS池フェンスに来てみたら、、もう既に終わって鞘ができかけていた!!1週間の間は、結構色々変動していっているんだな、と感じることとなりました。

Dscn5156

帰りの田んぼのそばにあったクサネム。綺麗に撮影できました。

Dscn5158

こちらがタンキリマメなんですよ。大分鞘がはじけてきましたね。

|

« お彼岸過ぎにようやくヒガンバナが(ご近所の自然観察) | トップページ | 今年のヒガンバナはやはり遅かった »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。