« 選挙について | トップページ | 豊橋のセントラルパーク 豊橋公園4~気になる外来生物 »

答えは遠い、けど・・・。

「選挙について」より前の2記事の続き的なものです。

そうだ、一般の人が「生物多様性」について深くは知らなくても、例えばぬまがさワタリさんの「絶滅どうぶつ図鑑」や、熊谷さとしさんの「ニホンカワウソはつくづく運が悪かった!?」辺りなら受け入れやすいかと思います。

特に熊谷さとしさんの著書では、保全を訴える人がただただ、やみくもに保護しろとか、過激なアジテーションをするのではなくて、例えばバーでお酒を地域の有志の人に振る舞いながらコミュニケーションから始めるとか、三味線のバチにマルミミゾウの象牙が使われるので、三味線などの伝統芸能に関わる人と話し合いをすることからとか、そう言ったことも書かれているので。

実は昨日ある場所での議員さん報告会に行ってみたのですが、そこでも「市役所にただ要請するだけの人には市は冷たいけれど、その人が実際にそのために具体的な活動をする動きがあると対応が変わる」とあり、そうなんだね、、、、と思ったのでした。

今年度から地域の活動に関わっているし、有り難いことに小学校でのクラブ活動などに関わることが出来ているので、そう言った面では以前よりは可能性は、、ある、、かな??

市民館に通信掲示してもらうところから、、始まった、、大きくはないけどね。

市民館文化祭にトンボの写真(勿論近所に生息しているもの)を数点展示した際も、「これってみんなここにいる者なの?」「豊なんだねぇ~」という会話が出来たので、やはりそこからなのだろうな・・・。次回はフォトブック作ってみるか。

むしろ、こうしたところで活動した方が良いのでは、とは思える。

何と町内の方が「メリケントキンソウ」について知っていたことも、地域での集まりに参加して分かったことでした!シルバーさんとして動植物公園で駆除しているそうです。

まだまだ、望む世界とはほど遠い、それに私はリーダーになるタイプじゃなくてちまちま地味なことをこなすタイプなのでその面でもジレンマありありです;(この面については時に良く悩む;)

通信やはり描かないとね、気持ち切り替えつつ、悲しみはどこかで記載しよう。

明日、どこにも出なかったら、まずは届いた香港カンフー映画DVD見て気持ちを上げることとします!!

 

*メリケントキンソウについては、別項目で書くこととしよう。出来そうなのはやはり近所あたりからになりそう、、、、。

 

|

« 選挙について | トップページ | 豊橋のセントラルパーク 豊橋公園4~気になる外来生物 »

環境保護」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。