« ここでもタンポポ(ご近所の自然観察) | トップページ | 葭始生=あしはじめてしょうず(ご近所の自然観察) »

駆け足で葦毛湿原!

4月23日の午後のこと。

葦毛湿原は、ここしばし、春の岩崎丘陵も含めて行く以外は、なかなか行けないでいることが多くなってしまいました。うっかりしていると、つい日々に紛れてしまう・・・。

この日は午前中はヨガでしたが、お昼に帰宅し、昼食後、駆け足的に行ってみることに。

Dscn1421

マルバアオダモが見頃です。

Dscn1422

ニョイスミレさんたち。このスミレを見ると、春もそろそろ終わりになるのかな、と。

Dscn1424

湿原の木道にぺたっと停まるこのトンボは、シオヤトンボ。シオカラトンボに似ているけれど、胸の線の辺りが違っています。この手の似た仲間をようやく見分けることが出来るようになっただろうか???

Dscn1435

湿原の風景。奥にある白い花はクロバイ。

Dscn1437

湿原と周辺の林も適宜管理されたためか?ヤブデマリの花付きがとても良くなったような気がします。

Dscn1445

Dscn1453

Dscn1457

湿原の復元作業(除伐など)によって、復活してきた植物も多いそうです。

この日ヤブデマリの折角の花付きの枝が折れてしまっているのを見かけました。撮影しようとしてなってしまったのか、、どうか優しく気を配って、「撮影ファースト」ではなく「生きものファースト」を心がけて行っていきたいものです。

Dscn1483

こちらもカマツカが咲き始めですね。

Dscn1485

Dscn1486

こちらはムベ。ムベの花ですよ~。ムベ自体は結構この辺はあるけれど、実が成るのが少ないのかな。

さて、

Dscn1490

葦毛の近くには、見事なレンゲ畑もあります。

Dscn1497

この鮮やかなピンクの、しかし派手さはない花が集まって咲く光景は、何故こうも心を惹きつけるのでしょう?

Dscn1499

幼少期の頃、レンゲ畑の中に腰を下ろして、無心に花を摘んでいた事を良く覚えています。尾張旭市にいた頃でした。レンゲ畑が大分少なくなってしまった中、今もこうして残っていることは嬉しいですね。

|

« ここでもタンポポ(ご近所の自然観察) | トップページ | 葭始生=あしはじめてしょうず(ご近所の自然観察) »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。