« 季節外れの新緑(ご近所の自然観察) 続き2 | トップページ | 第2回見直し作業へ!! »

今年もタカの渡りには間に合わなかったかも;

10月は、初旬に疲れをやりすごして、飛騨は天生峠、籾糠山に行けたし、海上の森にも科学展にも行けましたが、
やはり疲れや不調が出やすい月でした。
軽く風邪を引いたし、その後アレルギー性の咳が出たり、11月頭も地域の行事手伝いの後で偏頭痛だったり;;
豊橋に住んでいるので、「今年の伊良湖の渡りは行った?」と良く聴かれます。
以前は良く行っていたの。
しかし、10年ほど前から秋口は疲れが出やすくなり、サシバやハチクマの渡りの良い頃になかなか行けなくなり、だんだん、タカよりもYさん会いに行くような感じになってしまい、そのYさんにもなかなか会えなくなってしまっているこの頃です。
もう3年くらい?渡りの調査の人のいる伊良湖に行けていません・・・。
*Yさんには、伊良湖ではなくて、近くの皮膚科でバッタリお会いしたことがその後ありました!
伊良湖になかなか行けない理由の一つに秋の不調があったりします;
さて、今年。
意を決して、行けそうになったので、10月26日に、午後からになってしまったけれど、伊良湖まで車で向かいました。
・・・しかし。
駐車場にタカの渡り調査の方の姿は無し・・・。
今年も空振りで終わってしまうのかな・・・。
着いたとき、風もややあって、渡りを見るのには不向きだったのかも知れませんね。
(追記:どうやら午前中で終了、お昼過ぎに撤収となり、私が着いたのはその後だったようです;;)
折角来たので遊歩道歩きますよ。
Photo
田原市の、ゴミ捨て禁止の看板は、こんなにも強気です(笑)。豊橋市もこのくらい行っても良いと思います!!
Photo_2
タカの渡りこそは見られませんでしたが、アサギマダラの渡り途中の姿は、まだ見られました!
Photo_3
なんだか遊歩道沿いの林が明るい・・・枝払いしたのでしょうね。良いのか、良くないのか・・・。
Photo_4
アサギマダラの吸蜜植物、サケバヒヨドリ。ほとんどがもう終わりに近かったです。
Photo_5
なんだかスパイスの効いたような甘い香りが漂ってきた、、これは、マルバグミの花の香り!ツルグミも似たような香りがします。
Photo_6
一面に花が咲き乱れていました。花は咲いていなかったけれど、マルバアキグミというのもありますよ。
Photo_7
サケバヒヨドリは終わりかけだけれど、ツワブキは今が盛り。アサギマダラ達はツワブキの花に蜜を吸いに来ていました。見ていると、キク科植物の花の蜜が好きみたいですね。
Photo_8
デジカメの腕がダメだめな私にしては、素敵な画像が撮れました。アサギマダラさんのおかげ。これから海を渡って旅をしますね。気をつけて!!
Photo_9
ツリガネニンジン。
Photo_10
ウバメガシもまだ青いけれどどんぐり沢山漬けていました。
Photo_11
アゼトウナが咲いている。
Photo_12
こちらは岩場で天然の生け花みたい。ハマナデシコのピンクとアゼトウナの黄色。ハマナデシコの大半が枯れてしまっているのが残念!
Photo_13
この日風があったので、波は荒い、恋路が浜。右に見えるのは神島。いつか(いつになるの?という感じですが)行っては見たい所。
Photo_14
荒波も絵になりますね。
Photo_15
ビューホテル遠方に。
Photo_16
ツルソバです。
その後太平洋沿いの道路を戻り、帰る前に海藻ふぁ~むに行って、畑の回りを囲む形になってしまっている、枯れたセイタカアワダチソウとか、アレチノギクの茎を引っこ抜いて、一面見通しを良くしてきました。
伊良湖、11月に行けるかな?余力があったらね・・・。

|
|

« 季節外れの新緑(ご近所の自然観察) 続き2 | トップページ | 第2回見直し作業へ!! »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1065127/74546717

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もタカの渡りには間に合わなかったかも;:

« 季節外れの新緑(ご近所の自然観察) 続き2 | トップページ | 第2回見直し作業へ!! »