« 気がついたのだ。 | トップページ | ノコンギク咲く頃(ご近所の自然観察) »

というのか、本当は既に知っていたはずである・・・。

もしかして、タイワンウチワヤンマが侵出している?と気づき、彼らの分布について訪ねても、オニヤンマについて質問しても、、
反応が殆ど返ってこなかった(注:後にリプライくれた方はいます!)場と、
観察会時にそれぞれの地でのアカトンボの様子について訪ねてくる場(人でもあるのだけど)との、
違いの開きは大きいですね。
今見ている場所やフィールドの生きものの状況について把握できないと言うことは、
現場に足を着けて見ていない、と言っても過言じゃない、と言うのはいささかキツイでしょうか?
これが数十年という時間軸での開きになると考えてみると・・・。

|
|

« 気がついたのだ。 | トップページ | ノコンギク咲く頃(ご近所の自然観察) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1065127/74565174

この記事へのトラックバック一覧です: というのか、本当は既に知っていたはずである・・・。:

« 気がついたのだ。 | トップページ | ノコンギク咲く頃(ご近所の自然観察) »