« 改めて思う。 | トップページ | 夏の終わりの葦毛湿原 その1 »

猛暑を逃れて再び愛知県民の森・8月終わりに

*色々災害とか諸々ありますが、進んでいきましょう。
8月29日の時のことです。
今年は、、実に暑い日が続きすぎました。気温の高さもですが、そんな日がかなり長期に7月から渡って続いたことが特徴かな。
8月後半ともなれば、暑さも落ち着く、、はずがそうならず、気力も出ず・・・。
下界が暑いのと、7月に出かけたはいいけど、転んで半分ずぶ濡れになったり、立ち寄り湯断念だったこともあり、リベンジも兼ねて再び飯田線にて愛知県民の森を目指しました。
電車内で、夏休みの終わりを楽しみに、やはり県民の森へでしょうか?キャンプをしにいくらしいお母さんと子どもの家族2組の姿が。お母さん達で自炊の火起こしなどするのですね。素敵!
私も、自動車もっと乗れたり、アウトドアの技術に長けていたりしたら、子どもはもうすこし夏休みなど楽しい思い出が出来たのではないかな?(家人にはこの方面は期待できず)
いや、あの頃はできること精一杯やったと思うよ・・・。
駅に着くまで長いので、今回お弁当は電車内で食べました。
Photo
県民の森に着いて、お気に入りの川辺スポット探し。多分これまでもいたと思うのですが、やはりここも、場所によってはアブがいた!ヤツの存在知ってしまうと気になる;
しかし、コオニヤンマがパトロールしている辺りはやって来なかった。やはり、トンボは天敵なんだね。
ということで、しばしサンダルはいて、足を浸しながら群れ泳ぐ魚たちの姿を眺めて過ごしました。これのために飯田線でここまで・・・。
Photo_2
川の水は綺麗ですね。ただ、来た時によって、水が生臭い感じだったり、魚がすくなかったりポイントによってあったりするのかな?この前は今ひとつでしたが、今回はここが一番でした。
Photo_3
一時の至福の時間、ありがとう・・・。
Photo_4
ゴンズイの鞘がはじけて黒い種子が顔を出していました。ヤマボウシもここでも実がなっていましたが、アブがやって来るので・・・。
Photo_5
オトコエシが咲き出していました。
Photo_6
これは、ケケンポナシでいいですね?実は届かないところに・・・。
Photo_7
この日、4月にホソバシャクナゲハイキングでお世話になった職員の方にお会いしました。
この日も、家事を片付けてゆっくり出てきてお昼過ぎに着き、2時間弱で帰りの電車なので、ゆっくりはできないですが、駆け足で立ち寄り湯に入ってくる事が出来ました。
一風呂後の外は、さっぱりして良い気持ちでした!
Photo_8
駅も余裕で着きました。
Photo_9
わずか2時間弱滞在の(行き帰りの電車の時間長い;)お出かけでしたが、それでも充分暑さを忘れることが出来ました。
この日を堺にキャンプの設営テントは徐々に撤収されだしたようです。
この夏も多くの子ども達がキャンプや川遊びに来たことでしょうね。

|
|

« 改めて思う。 | トップページ | 夏の終わりの葦毛湿原 その1 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1065127/74188942

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑を逃れて再び愛知県民の森・8月終わりに:

« 改めて思う。 | トップページ | 夏の終わりの葦毛湿原 その1 »