« 夏の終わりの葦毛湿原 その3 | トップページ | 夏の終わりの伊良湖岬 その1 »

オニヤンマについて、続報

色んな所でオニヤンマについて教えていただいた皆様、ありがとうございます。
多分、まとめたら、近所の自然まとめの中に「コラム」として載せようと思っています。
ここにはオープンにはしませんので悪しからずご了承下さい。
ここに書くのは少し気が引けるかな、でも個人的には驚いたこととして、
「オニヤンマという存在そのものを知らない」という反応があったこと(2名ほど)です・・・。
いえ、似たようなトンボとの見分けが出来るとか出来ないとか以前に、
「それってどんなトンボなの?」といった具合に。
この地域、どうやらそこそこいるようで、とりわけスーパーレアな存在では無いと思われます。
夏の自然のある田舎には飛んでいる、というイメージなのですが、ああ、あのトンボ、そう言えば見ないね~、という反応ですら無いことに驚いています。
いや、だからといって怒ったりはしない;;
ただ、この私的にはカブトムシヤクワガタと並んで夏の代表的な昆虫、アカトンボに次いで名前が挙げられるであろう日本の代表的なトンボ、という認識でしたので、
これからの人の中に、オニヤンマなんて知らない、という、心の中に存在さえしない人が多くなってくるのであれば、
それは日本の自然にとって危機的だとも思える・・・。
無関心は一番怖いことだと思うのです。
無理に好きになれとか、無理に詳しく無くて良い、存在があることを「知って欲しい」と思うのです。でないと知らず知らずいなくなって、「ああ、そう言えば」なんてことになりかねない・・・。

|
|

« 夏の終わりの葦毛湿原 その3 | トップページ | 夏の終わりの伊良湖岬 その1 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1065127/74210790

この記事へのトラックバック一覧です: オニヤンマについて、続報:

« 夏の終わりの葦毛湿原 その3 | トップページ | 夏の終わりの伊良湖岬 その1 »