« 二つのフジが咲いた日(ご近所の自然観察) | トップページ | 名古屋市美術館 ビュールレコレクション展 »

二つのフジが咲いた日(ご近所の自然観察) 続き

熱い、真夏でもご近所めぐりが楽しめるのは、この花に会えるから。
Photo_12
レモンイエローのナツフジ。爽やかな花を見ると暑さを忘れてしまう。
Photo_13
先回ではカブトムシをみましたが、、あれ?鳥に食べられた死骸が。(先回の場所とは違うところ)
Photo_14
ここでも。意外とカブトムシ生きていそうですね。
Photo_15
今まで見て見ぬふりで通り過ぎてしまっていましたが、可能な限りこうしたゴミを拾うようにしました。ペットボトル飲料なんて、飲まずにポイ捨て(怒)、また別の所でプラスチック製水桶もありました。この水桶のおかげでゴミがまとめられた;水桶は綺麗に洗ったら、家族使うかも知れない、ペットボトルは洗って分別。
Photo_16
アゲハがこのところとても元気ですね。アレチハナガサ旧蜜中。
Photo_17
ここにもナツフジ。そして、、、
Photo_18
正真正銘の「時じき藤」=季節外れのフジ、が咲いておりました。多くはないけれど、滅多にないほどでも無いようで、万葉集で詠われた「時じき藤」はやはり本種だと思っています。
2つのふじが見られるのはなんだか幸せ~。
Photo_19
こちらは2つのフジに比べて地味ですが、同じマメ科ですよ、タンキリマメの花。豊橋公園でも咲いているのを見て、「えっ、こんなに早かったっけ?」と思ってしまった。去年別の所で見たのは9月、今年もその場所はまだ花は無いです。個体差あるのでしょうね。
赤い実の鞘のほうが目立ちますが、地味ながらも花も味わいありますよ。
さて、8月は気温測りが待っている~お手柔らかに;結果はここでも報告します。

|
|

« 二つのフジが咲いた日(ご近所の自然観察) | トップページ | 名古屋市美術館 ビュールレコレクション展 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1065127/74004478

この記事へのトラックバック一覧です: 二つのフジが咲いた日(ご近所の自然観察) 続き:

« 二つのフジが咲いた日(ご近所の自然観察) | トップページ | 名古屋市美術館 ビュールレコレクション展 »