« 楽しい気持ちと、悲しい気持ちと、煩悶と、(ご近所の自然観察) | トップページ | 初夏に向けての花繚乱とめげずに外来種駆除!(ご近所の自然観察) »

楽しい気持ちと、悲しい気持ちと、煩悶と、(ご近所の自然観察) 続き

いつも見ている小さなS池のトウカイタンポポの所にさしかかったら、なんだか様子が変・・・。

Photo_49

Photo_50

どうやら、、池の端の通路沿いに除草剤が蒔かれてしまった模様です・・・。

この頃は、タンポポすら雑草扱いで、抜かれたりしますが、除草剤なんて。

しかも、、近所では分布が少なくなっているトウカイタンポポであっただけに、やりきれなさがあふれました。

トウカイタンポポ(ニホンタンポポ)は、違う個体と花粉を虫によって交換しないと種子が作れないので、ある程度まとまった個体群がないと生きていけれず、個体がダメージ受けると復活できなくなるそうです。(セイヨウタンポポは自分で種子を作ってしまうので単独でも繁殖可能)

尤も、普通の人はそこまでは知らないことでしょう・・・。

除草剤で絶滅、、はせず復活してくれるものと信じていますが、何かできないものかとも考えてしまいます。

トウカイタンポポは後述するメリケントキンソウのような悪さをするわけではないのですから、除草剤は蒔かないで欲しい・・・。

その、メリケントキンソウがある公園では、こんな案内板が立っていました。

Photo_51

市の方がメリケントキンソウの事を知って除草の手配をしたのですね!→後で分かったのですが、この案内は通常の草刈り案内であって、メリケントキンソウに焦点を当てたものではないとのこと。

ここの管理は市の管轄なのだそうです。

改めて入ってみたら、ほぼ全面(草の密生しているところは見られませんが)メリケントキンソウだらけで、そして、

Photo_52

もうこの時期、最初に根元に咲いた花が棘付き実として完熟し、靴裏に刺さってきます。

道を挟んだ反対側の公演地はまた呼び名が変わるのだとこの時しっかり分かった・・・。

Photo_53

こちらは自治体が管理となっているそうです。

ここも草刈りなどすると伺っていますが、除草剤もし使うとすればどんな種を使うのか気になります・・・。出来ればやはり他の草に影響与えないものを使って欲しいと思ってしまいますが。

あと、刈った草は仮置きとありますが、メリケントキンソウは出来れば仮置きはしないで収容して焼却処分して欲しいです・・・。

この日も、以前抜き取った場所の周辺を抜き取りしましたが、やはりもう1回目の花の分の種子が出来ていて、抜く度にパラパラこぼれますね・・・。

ただ、枝分かれした先に咲いた分はまだ実になりきっていないので、そこは防げたか?

いづれにしても手で抜き取る時期はちょっと限界になってきた感じであり、素手ではもう固くなった棘付き種子に触れば危ないですね;下手すると靴裏に刺さり、しっかり刺さったらガムテープではびくともしない感じなのも分かりました。

5月の豊橋公園での駆除体験はあくまでも「体験」程度にしか出来ないかも・・・。(下手な駆除のすすめは怪我や靴裏に種子を付けての拡散リスクがもう出てしまう時期)

こういうのは、やはりやってみないと分からないものだなと。

「自然を守る」「外来種は早めの対策をしなくては」「何とかしなくては」

言うのはやはり簡単だけれど、実施となると色々壁や難しさ、限界もあるのが分かってくる。

私のやって来たことは、少しでも(今回メリトキについてが主に)良いことだったのかな?と煩悶してしまいました。

*抜き取りしているとき、そばを通ったおじさんとか、お孫さん連れのおばあさんなどにはこの草のことなどを話すことが出来ましたね。

この日は、楽しいこと、そして悲しい現実、そして煩悶など様々なことがあったご近所めぐりとなってしまいました。

そんな日でもメボソムシクイの渡り途中のさえずりを聞いたり、キビタキの声を聞けたのは良かったことでしょうか。

|
|

« 楽しい気持ちと、悲しい気持ちと、煩悶と、(ご近所の自然観察) | トップページ | 初夏に向けての花繚乱とめげずに外来種駆除!(ご近所の自然観察) »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1065127/73417354

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい気持ちと、悲しい気持ちと、煩悶と、(ご近所の自然観察) 続き:

« 楽しい気持ちと、悲しい気持ちと、煩悶と、(ご近所の自然観察) | トップページ | 初夏に向けての花繚乱とめげずに外来種駆除!(ご近所の自然観察) »