« 楽しい気持ちと、悲しい気持ちと、煩悶と、(ご近所の自然観察) 続き | トップページ | 初夏に向けての花繚乱とめげずに外来種駆除!(ご近所の自然観察)続き »

初夏に向けての花繚乱とめげずに外来種駆除!(ご近所の自然観察)

暑くなったかと思えば、一転してやや肌寒かったり、お天気→雨を繰り返したりの日々の5月になりました。
5月9日のご近所めぐりの様子です。
Photo
ここ数年の内に、急激に勢力を拡げだした、ヒメブタナ。花は午前中までで、お昼からは閉じてしまうようです。以前は無かったのですが、数年の内に結構見るようになってきました。海上の森に行く途中の山口町の道路沿いにも多かったね。
Photo_2
こちらにはこの時期多いスイカズラ。
Photo_3
沢山咲き出しました。そして・・・。
Photo_4
咲き出しましたね!テイカカズラの花。これから見頃になります。この時期の名花だと思っています。
Photo_5
その足下には、アメリカフウロが沢山。外来種ですが。
そして、やはり外来種で、あまり歓迎したくないこの花の季節にもなってきました。
Photo_6
特定外来種のオキンケイギク。N池土手に沢山侵出していて、これまでは通り過ぎるだけだったけど、抜いている活動のお話しも見て、「何で今までやらなかったんだ!」と省みて、今まで花の時期に、だけどこの頃は花の咲く前とか、蕾の段階の頃に、立ち寄ったときに抜けるだけ、通り道沿いだけでも抜くことにしています。
でも、2週間くらいで復活して、新たな蕾を立ち上げる、しぶとい外来植物ですよ。
最近の(財)日本自然保護協会会報「自然保護 2018 5/6号(Vol.563)」で、オオハンゴンソウ(やはり特定外来生物)根絶方法が載っていますが、オオキンケイギク根絶のコツもそれに似通ったものがありそうです。
Photo_7
あくせくオオキンケイギクを抜いているそばに、トノサマガエルが。
Photo_8
ここにも先週抜いたオオキンケイギクですが、何と!抜いた株の蕾が、抜かれながらも花を咲かせていたなんて!!種子を作って欲しくないので、花の部分をちぎって放置しました。
せめてもの、これ以上広がらないようにと、抵抗活動中・・・。
Photo_9
樹に絡みついたテイカさんからも花が。
Photo_10
そして、この白い花は「豊橋市の樹」クスノキの花ですよ!
Photo_11
Photo_12
遠くから、白く煙るような感じに見えます。
Photo_13
今年は花付きが多いような感じがしますね。
続きます。

|
|

« 楽しい気持ちと、悲しい気持ちと、煩悶と、(ご近所の自然観察) 続き | トップページ | 初夏に向けての花繚乱とめげずに外来種駆除!(ご近所の自然観察)続き »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1065127/73474610

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏に向けての花繚乱とめげずに外来種駆除!(ご近所の自然観察):

« 楽しい気持ちと、悲しい気持ちと、煩悶と、(ご近所の自然観察) 続き | トップページ | 初夏に向けての花繚乱とめげずに外来種駆除!(ご近所の自然観察)続き »