« まだ肌寒い日もある3月上旬(ご近所の自然観察)続き | トップページ | 3月の海上の森自然観察会参加 »

2017年3月12日豊橋公園定例観察会

3月12日に、今年も東三河自然観察会主催での、豊橋公園定例観察会を行いました。

今回も担当をさせていただいています。

*今年はちょっとお休みが3回あるので澄みません;(6月、8月、10月)他の観察会との兼ね合い状、妥協点をふまえてこのような形となりました。ご了承下さい。

3月の様子をお伝えします。画像は1枚除いて下見の時の物ですが、大きくは様子は変わっていないです。

3月のテーマは、「もうすぐ春!咲き出した花、木の芽の準備を見つけましょう!」

さて、当日はいったいどうだったでしょうか?ししか

*実際はどうでしたでしょうか?

12日当日、参加の方もそこそこ見えたので良かったです!良く参加されている方が、チラシの公園紹介文「豊橋のセントラルパーク、というのがいいね!」と言ってくださって嬉しかったです。この呼び名=セントラルパーク、は私ではないんですよ、元市議だった方と、今旬の活躍中の若き豊橋の作家の方がそう読んでいたので、拝借させていただいています。

今回の観察会には、かねてから参加したかったという、障がいのある方も初参加でした。

Photo_23

9日のようやく風邪が治った頃行った下見の時にいたシロハラも、そろそろ南への旅立ちの準備にはいるでしょうか。

そして・・・。

Photo_24

今年は公園内の、2種のマンサクが咲きそろった時となりました。こちらは一回り花が大きいシナマンサクです。いつもなら、先に咲いてしまい、3月の観察会の頃は終わっているか終わりかけであることが多いのですが、今年は寒かったので丁度見頃に。

Photo_25

こちらが花が小さめのマンサク。公園のマンサクは花の色の橙味が少しある様です。

Photo_26

そのマンサクのそばの樹に着いていたのがノキシノブというシダの仲間。一見シダらしくないですが、葉の裏には胞子嚢が沢山付いています。これを今回ルーペで拡大して見てもらいました。FacebookでNさんが画像を投稿したときは、「気持ち悪い~~!」という反応があったのですが、観察会では大旨面白いと好評でした!人それぞれなんですね(笑)!

Photo_27

観察会当日はちょっと曇りがちでもあったので、下見のこの時の様な開きかけのものは見あたりませんでした。おなじみここで初めて見つかった外来植物、アフリカチゴアヤメ。また今年も公園内の色んなイベント(特に造形パラダイスが一番貢献してしまっているでしょう;;)での踏みつけ等で、逆にこの植物にとっての生息好条件が作れれる事でしょう・・・。

オーストラリアでのこの類の植物の帰化によっての家畜の被害について、会員のNさんが詳しく解説してくれました。

Photo_28

Photo_29

去年は暖かすぎて、花が咲き散ってしまったオガタマノキ、丁度良い見頃でした。

そのそばで、タブノキの葉の裏にアオスジアゲハのサナギを会員のKさんが見つけて解説。そしてサナギのいるタブノキは防火よけになることを参加者の方が話してくれました。「タブノキ1本、消防車1台」と例えるのだそうです!

Photo_30

公園入り口に咲いていたタチツボスミレ。しかし春の遅さを他の花がまだあまり見られないことで知ることになりました。

Photo_31

ソテツ。「ブラタモリ」で奄美でこの実のデンプンで飢えを凌いだという話題を見て知った人も多かったようです。

Photo_32

まだ新芽を出していない冬芽もあります。これはフジ。冬芽クイズも資料に出しましたが、絵よりは本当は写真画像の方が良いのかな~?という気も少々します;;4問全部の冬芽を見て回れなかったですね・・・。

Photo_33

Photo_34

*下見の時、梅の花もまだあり、良い香りがしましたし、入道櫓跡の見事なヤブツバキの花もあったけれど、当日は広場で陸上クラブの子ども達が練習に入っていたので、コースからは外すこととしました。

そして、今年は酉年、ということで、Hさんが青空講座を開きました。

Photo_37

テーマは「鳥の起源はどこからか?」というもの。鳥の祖先は恐竜なんですよ。では、その恐竜のどの仲間から進化したのか?というお話しを恐竜のフィギュアを使って説明しました。因みに翼竜や始祖鳥は先祖ではないのだそうです。(間違いあったら教えてください;)

その後出会ったメジロやシジュウカラ、ヤマガラなどの可愛い鳥も「これは、恐竜なんですよ」という解説が(笑)。

Photo_36

お目当てのヤマネコノメソウも咲いていました。

最後に人を恐れず黙々と落ち葉をかき分けて餌探しに余念がないドバトの群れと、虫の居所が悪くて腹いせだったのかね?1羽のヒヨドリが時折ドバト達を追い散らす様子を見たりしながら、集合地まで戻り、解散となりました。

そうそう、観察会でウグイスの初鳴きもありました!!皆で聴けて幸せな気分に♪

ところで、参加者の方から頂いた質問で、宿題とした内容があったので、ここでお答えです。

・ノキシノブは万葉集に登場したシノブと同じか?について。 

万葉集にはノキシノブという名ではなく、「しだくさ」という名で登場している歌がありますが、ウラジロかノキシノブが有力だと言うことのようです。

「我が宿は 甍しだ草 生ひたれど 恋忘れ草 見るにいまだ 生ひず」

・アセビの毒はどの部分?

葉っぱや花にもあるようです。

今回も、参加された皆さん、協力いただいた会員の皆さん、ありがとうございました!次回もよろしくお願いします。

 

|

« まだ肌寒い日もある3月上旬(ご近所の自然観察)続き | トップページ | 3月の海上の森自然観察会参加 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年3月12日豊橋公園定例観察会:

« まだ肌寒い日もある3月上旬(ご近所の自然観察)続き | トップページ | 3月の海上の森自然観察会参加 »