« まとめ第2弾 外来種、希少な種。 | トップページ | 表をもう一つ作りました・・・。 »

「この世界の片隅に」こんな見方も・・・。

あっちこっちで話題にしている感あり、「この世界の片隅に」。

感想をここで書くよりは、是非上映中に観に行って欲しいとお奨めします。
原作マンガも合わせて是非に!

ところでこのアニメ映画の魅力の一つに、広島・呉の当時の描写がありますが、まだ自然が残っていた頃の様子も丁寧に描かれていると思います。

最初に書いたけれどシロバナタンポポ。論争があるようですが、昔はあったみたい。
それから、ヒドリガモかカルガモ、オナガガモとホシハジロも登場します。
物語の鍵にもなっているサギはチュウサギのようですし、ダイサギもいますよ。ダイサギが突いていたのはオサガニらしいと述べている所あり。まあ、たしかに場面は干潟だったので、オサガニかヤマトオサガニの可能性がありますね~~。
ただ、シギやチドリがきっといたのでは、と思うのですがそれを求めるのは贅沢でしょうね・・・。真夏はシギチは確かにいないけれど、イソシギ当たりはいそうであるし・・・。
カブトムシやヤマトタマムシモいますし、浦野家のみんなが食卓で食べていたのはマテガイだ~~!!
シオカラトンボ、そして色味的にウスバキトンボではなく、アカトンボの仲間の群れ、、と。

最初1回目観たときは、作品の流れを追うのに必死で今ひとつ掴めなかったところも、2回目ですと分かってきますね。

ううううむ、チャンスがあれば3回目観に行ってこようかな。そんな映画です。

大抵は2回止まりだったのに(風立ちぬ、あしたのジョーなど)、3回観たのは「マラソン」でしたね。それを越えるか・・・。

|

« まとめ第2弾 外来種、希少な種。 | トップページ | 表をもう一つ作りました・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「この世界の片隅に」こんな見方も・・・。:

« まとめ第2弾 外来種、希少な種。 | トップページ | 表をもう一つ作りました・・・。 »