« 雨だけど歩いていきましたよ!海上の森 その3 | トップページ | 2016年12月11日豊橋公園定例観察会 »

鳥見に最適な日となりましたが・・・。(ご近所の自然観察)

12月8日の出来事です。
Photo

アキニレの木に集まったのはカワラヒワ。アキニレのあの平べったい実を食べに来たのですね。ちょっとボケボケですが撮れました。

Photo_2

N池で。U大池がまたまた護岸補修工事のため水抜きされ、その分でしょうか?カモが集まるように。いや、この頃はアゾラ(外来オオアカウキクサ)も目当ての節があるかな。

そして、この日も、ミコアイサがいましたよ。そして、写真に納めることも出来ました!記録写真にはなりますね。

真っ白いのがそうで、通称パンダガモ。この日は雌を見つけられず。

因みに下にいたのはカイツブリ(冬羽)。

Photo_3

O池ではヌルデの木にこの冬もオオミノガの蓑を見つけました。去年のものとは位置も形も違うのでやはり変化はあるのでしょう・・・。

Photo_4

テイカカズラのさやもはじけだして、綿毛が顔を出しましたよ。

Photo_5

M池では、この日もカルガモに混じってマガモが、今度は複数、雄雌共に入っていました。

とても遠くなので通常のデジカメ、ニコンCOOLPIX S7000ズームではこれが限度。でも私にはこれで充分。また撮影で鳥を深追いもしたくないですし、望遠カメラを持つほどの撮影の情熱も持っていないので。

Photo_6

暖かい冬なので、葉っぱが赤く紅葉しながらも花が狂い咲きのコナスビさん。ご近所のコナスビさんはあまりべっぴんではなく垢抜けていない感じですね。

Photo_7

ビワは花盛り。メジロたちのカフェ提供場の花。

Photo_8

同じくメジロのカフェ場になる花、ヤブツバキもそろそろ咲き出す木も。先出し始めはヒヨドリに突っつかれたりであまり綺麗ではないですね・・・。

Photo_9

やっと、ここではコナラが黄葉。

そして、翌週の12月15日、

この日は鳥の大当たりとなった日でした。

N池にはミコアイサ夫婦やカンムリカイツブリ、そしてヨシガモ達も来ていて!カワセミも跳び、、ノスリもちらっと池の上空を横切り、

カシラダカに会ったり、

おなじみメンバーではあるけれど、ジョウビタキ君(雄)や、シジュウカラ、やさ顔のS池周辺テリトリーのモズ男君、そんなモズ男君の監視の隙を縫うように、ビワの花カフェやカラスザンショウレストランにやって来たメジロたち、コゲラ、多分頭の赤い部分(雄)は私は実際の目で見るのは初めてだったのじゃないかな?

そしてハクセキレイ、冬場に降りてくるキセキレイ、

と、鳥の当たりがよいときは、次々色んな鳥たちに当たるという、鳥見のジンクスの幸せを味わいました。

しかし、、こんな日に限って、デジカメ電池残量不足で撮影できず;;

こういったことも鳥見的にはジンクスの一つですよね;双眼鏡を持っていなかったとか(この日は持っていましたが)。

ガラケーで撮影してみたのがこの日の唯一の画像・・・。

Photo_10

オオカマキリの卵。

先週辺りから、鳥インフルエンザの影響で、感染した野鳥や飼育鳥のニュースが相次ぎ、ついに名古屋の東山公園でも感染した鳥たちが現れ、東山動物園と植物園の一部が閉園となってしまいました。

豊橋でも動植物公園で警戒態勢が敷かれ、とうとう水鳥たちが集まる大沢池の水抜きも断行されてしまいました。

このインフルエンザの感染源は、罹った鳥の糞からだそうです。鳥の糞や死体にはむやみにさわらず、不審死の鳥がいたら報告して欲しいとのこと。→別記事に掲載

いづれにしても収束して欲しいですね。

東山植物園は、探鳥地であるのですが、探鳥会は変わらず行うのでしょうか?参加できなくなってしばらく経つ私ですが、気にはなりますね。

|

« 雨だけど歩いていきましたよ!海上の森 その3 | トップページ | 2016年12月11日豊橋公園定例観察会 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥見に最適な日となりましたが・・・。(ご近所の自然観察):

« 雨だけど歩いていきましたよ!海上の森 その3 | トップページ | 2016年12月11日豊橋公園定例観察会 »