お手紙ありがとうございます。

通信交換しているSさんから、内容についての感想などお手紙届きました。
今回じっくり読んで感想述べられ、こちらも嬉しかったです。

Dscn9203
通常の内容の他に、2つ番外編先回送ったのでした。

Dscn9201
これは抑えておきたかった外来種問題。伝えたいことが多くどうしてもなったので、文字が多くなりました・・・。

Dscn9202
こちらは「食べる」テーマで。暖地のこの地ならではの内容になりました。

最近色々思い悩みありましたが、やはりこれからも動きあるのみですね。
そうでなければ、何事も進まないのですから。

151号ちょっと掛かり始めています。あまり描いたことのないものが出てきますヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お葉書嬉しかったです。

i先週末からパソコンが壊れてしまい、ブログ更新は愚か、ネットも出来ない状態でした。
お盆休みの諸々で、やっと今日、パソコン修復、データも無事でした。
今回初めて修理業者さんに頼みました。そのため少々お金はかかりましたが;家人が独断で治していたのとはやはり違って、原因なども教えてくれたりして丁寧でしたね。

さて、先回通信150号ということで番外編2つつけていつもの方、そして過去お世話になったりした方々にも送り、お祝いなどお言葉頂いたり、自身で取り組んでいる自然の資料を送った下さったりして嬉しかったことを以前に述べましたが、

最近も、送った方から、御礼と感想、そしてご自身の近況などのお葉書を頂くことができました。
ハガキ受け取って、嬉しくて泪が出そうになりました!

普段は面白いダジャレを交えつつも、時にぴりりと山椒の粒のような辛味のコメントも話され、しかし自然保護には真摯に、ストレートに取り組んでいるのですが、肝心の時には優しさがあることをこれまでの中から、そして他の方とのやりとりなどからも感じています。
だいぶお年は取られたと思うけれど、元気そうで良かったです。

ハガキでは、通信について勿体ない言葉がありましたが、、

Dscn9648

やっぱり、全然、まだまだ、足下にも及ばないです、、著作本など見てそう思います。

それでもエネルギーは頂けました。今後も精進していきます。

このところ○眼が進んでしまったのが、少々難だけれど、明日の私は昨日よりも、を目指して頑張っていきます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

この日は暑かった!!(ご近所の自然観察)

8月10日のご近所巡りの様子です。

ここのところ、豊橋周辺でも、雨が降るようになってきました。やはり適宜に雨は欲しいところ。と、思ったら、5日は台風、そして一部竜巻が発生して建物被害などがあったようです。

この辺り、竜巻起こりやすいのかな。10数年前もあり、我が家から少し離れた場所がやられていてびっくりしましたし、伊良湖で陸に到着時には消えたけど、リアルタイムで竜巻見ています。

10日のこの日は曇がありつつも、晴れ。

Photo_27

アカメガシワ、雌花から実になるところ。

Photo_28

アキニレの樹液を求めてきたスズメバチの仲間。

Photo_29

「日本の昆虫1400②」で調べたら、モンスズメバチだと思います。

Photo_30

そしてサトキマダラヒカゲもやって来ました。

Photo_31

そして、、これって!!ニホンイシガメの仔ガメの死骸ですね。この個体は残念だったけど、まだ仔ガメが生まれているんですね。希望持っていいのかな?

Photo_32

台風があってからか、チョウトンボの数が減りました。でもお盆当たりから落ち着くのではないかな、と思ってみています。ショウジョウトンボもこの日いなかったし、オオシオカラトンボも見かけなかったですね。

ヒシが過密になって、枯れ始めるころです。

Photo_33

クサギの花の足下に来たら、かすかな花の香りがしました。葉っぱとは違うね。

Photo_34

8月にはいると下界の夏の、外来種のユリ、タカサゴユリが咲き出します。花が綺麗だからか嫌われずに、刈られずに残るのですね。でも自然度の高い場所には生えてきて欲しくないです。伊良湖にはどうか繁栄しないでと思います。

たまに飛んでくるオニヤンマにもこの夏は会えず、ヤマトタマムシも空振り、、と思っていたらきらきら光るヤマトタマムシ飛んでいくのを見つけました。ニイニイゼミも鳴いていて、ちょっとほっ。

さて、この日、暑かったんですよね、でも危険だ、と感じるほどではなかったです(時にそういう日もあったりするので、気温測りは年齢いったら止めるのを考えた方が良いかも)が、帰りの道路沿いの照り返しを歩くのはきつかったです。勿論水筒にお茶沢山持参。

①道路(自宅近く)      36.1度

②N池土手          36.0度

③M池周辺木陰       34.2度

④S池北アスファルト    35.9度

⑤S池北ソメイヨシノ木陰 35.2度

うわぁぁぁぁぁ・・・。久々に?結構な数字が出ましたよ;;これは、4年間の中で2番目の暑さくらい。一番暑かったのが2013年8月9日の時で、ほぼ36度代、中には37度なんて数字も出ました(S池北アスファルトで)。

さて、3回目でこの年の気温暑さ測定ラストですが、お盆を挟む週はちょっと近所巡り行けそうになく、その次の週になりそうです。その頃暑さが一段落したころになるでしょうか?

でもここのところ、9,10月になっても暑さが続き、半袖、なんて日が続くので、油断大敵です。

今日会えなかったトンボたち、この次会えるかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

戦争遺跡見学会参加しました。 続き2

コースは中学横に来ました。

Photo_21

Photo_22

灰捨て場。兵士がたばこなどの吸い殻や灰などを捨てに行った所。

Photo_23

そして、市役所裏を通って、

Photo_24

Photo_25

歩兵第18連隊西門。なんでも最初の営門だったらしいですね。

敗戦、そして戦後、この場所は博覧会会場となって、その後豊橋公園として今の姿になることになります。

Photo_26

あまり残っていない、博覧会の案内図の資料を見せていただくことが出来ました。

西門の前でこの日の案内終了ですが、その締めくくりとして案内の方から、開催の意図とメッセージがありました。

・現在、市の発展のためにと誘致されるのは企業であるが、戦前は軍隊の誘致が市の発展に繋がると考えられてきた。

・しかし、豊橋市が軍都として栄えたのはわずか7~8年のことだった。

・現在も車の企業もあり方が変わってきていて、企業などを誘致しても栄えるのは一時的であることが分かってきた。

・過去の栄光を考えての地域作りは長持ちしない。

・継続的な、持続的な地域発展とは何かを考えるときに今は来ている。

・豊橋市は軍都として栄え、このように戦争遺跡もあるが、だからこそ、豊橋ならではの平和と自然と共にある市としての発信を。

そうですね、やっぱりここは、戦争よりも平和、何より自然!を伝えていきたい場所ですね!!このあとお昼に寄った茶民さんでも「軍のあった場所から逆発想で平和を訴えたいよね」とのお話しが出ました!

そうだそうだ、豊橋公園はLove & Peace、の発信地ですよね!!

*今回案内されていた豊橋ユネスコ協会さんは、戦争遺跡についてのパンフレットも発行、学校への出前授業や様々な活動を行っています。アドレスは以下の通りです。http://www.unesco.or.jp/toyohashi/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

戦争遺跡見学会参加しました。 続き

コースは三の丸会館周辺に。三の丸会館のある場所は、当時は将校の会議所があったそうです。そばには兵士がお酒を買えた「酒保」もあったらしいです。

Photo_11

そこへ行くときの通用門。

Photo_12

黄色いタイルは夜の暗い時にも分かりやすいよう目印として貼ったそうです。その場所に多分クマゼミの幼虫抜け殻が。当時のセミはちょっと殺伐とした雰囲気の中で脱皮したのでしょうね。今は平和な時です。

Photo_14

Photo_13

稲荷跡の鳥居。昭和8年建立の印が。

Photo_15

軍人記念碑。以前は別の場所にあったのをここに移したそうです。神武天皇像らしいのですが、顔は明治天皇に似せたとあり、そういえば似ていますね。

Photo_16

当時の写真。台座が違いますね。

Photo_17

なんでも2回移築があったそうなので絵はまた別の場所の様子みたいですね。

Photo_18

本丸跡のここには「被服庫」があったそうです。

Photo_19

現存する吉田城最古の石垣。

Photo_20

奥にある石垣は江戸時代のもので、作られた時代が異なっています。

公園内には当時見えた人が色々記念のための碑も建てたそうです。

軍人記念碑あたりには今もお参りする方が見えるらしいです。また、稲荷跡と言うことでパワースポットともなっているらしい。何故か私はここで平和の踊りとか反戦の歌とかを歌いたい衝動になってしまった(笑)。

ここの第18連隊から、6万~6万3千人の兵士が中国や南の島の戦地へ送られていったのですが殆どが壊滅、戦死されてしまったそうです。

(最近「ペリリュー島」についての漫画が話題になっているようです。当時のその島での敗戦間近の様子について描かれているそうです。ここからやって来た人も見えたのかな?)

*見学会で聴いた内容のメモからブログ記事にしていますが、聞き間違いなどがあるかも知れません、もし訂正等が分かったら、直したいと思います。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

戦争遺跡見学会参加しました。

8月5日(土)。定例観察会として担当している場所、豊橋公園で、「おやこで学ぶ戦争遺跡 豊橋公園見学会」が開催されました。主催は豊橋ユネスコ協会さん。

Facebookタイムラインで開催を知り、参加申し込みしました。

豊橋公園に戦争遺跡=歩兵第18連隊があった跡、があることは観察会の時に知り、また定例観察会でもテーマの一つとして取り上げたことがあります。以下旧ブログアドレスより。http://62753154.at.webry.info/201308/article_5.html

今回豊橋の学校にも戦争遺跡について出前授業を行ったりしている、この件について詳しい豊橋ユネスコ協会さんが主催で案内されると知り、しっかり知っておきたいな、と思い申し込みました。

当日、親子、は見えなかったですが、学生さんも含めての参加の方がありました。

18

当時、豊橋公園(元吉田城敷地)に歩兵第18連隊の訓練場や兵舎があった時の航空写真。

18_2

観察会でも良く話題に取り上げる、歩兵第18連隊営門です。最近市内のスーパー広告のチラシにも豊橋を表すデザインモチーフとして描かれていました。

同じような形の物が、南部中学校にも残っているそうで、帰りの渥美線からも確認する事が出来ました!

Photo

門を出入りする人をチェックしていた哨兵さんの立っていた哨舎。

Photo_2

軽油庫。機械油の保管庫。自動車の燃料を保管していたらしいです。

Photo

馬頭観世音。軍馬の守護神として建立。当時は馬が重要な交通手段であり、また、中国に出兵の際にも馬が重視されたので祀られたのではないかとの事です。

Photo_3

ただ、土台部分が劣化が見られていて、保存上どうなるのかを皆さん気にして見えました。

Photo_4

そして、公園奥で放置されているライオン象、謎だったのですが、なんとこれも戦争遺跡の一部だというのです。どこにあったのかは後に・・・。

Photo_5

協会の方の一人が、案内して下さったこの煉瓦部分は、戦争遺跡ではなく、戦後に開催された豊橋での博覧会の際のモノレールが通ったトンネルだったのだそうです!

Photo_6

美術博物館の北川には連隊記念碑の台座があります。実は戦後新たにセメントで覆ってしまったのですが、

Photo_7

後にどなたかがはぎ取ったのか?当時の記念碑の文字が読める箇所もあります。そして、

Photo_8

当時の記念碑の写真。台座の上には「突破」と刻まれた砲弾の形の碑があったそうです。更に・・・。

Photo_9

Photo_10

足下に、先ほどのライオン像があったそうです。

確かにこの形のまま残っているのは、平和で戦争の反省を感じている(はずの)戦後には抵抗があったと思いますね・・・。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

風があったのでそれほど暑さは感じなかったけれど(ご近所の自然観察)

8月になりましたね。

8月3日のご近所巡り。8月は夏の気温を測るという目的もあります。

Photo_18

N池に近づいたら、土手の上をチョウトンボが数頭ひらひら飛んでいました。

Photo_19

7月26日に一挙に現れたタイワンウチワヤンマ、あのときはヤゴからの孵化したてだったのでしょうね。2頭ほどいたと思うのですが、内1頭はわかりにくい場所に止まっていましたので、判別今ひとつです。

この日もコアジサシが訪れていて盛んにダイビングしていました。

Photo_20

O池ではこんなゴミが・・・。

Photo_21

カラスザンショウにやってきたクマバチを撮ってみたもの。

Photo_22

S池のウチワヤンマは健在でした。一瞬大型トンボがよぎったのですが、何かはしっかり分からず。オニヤンマだったらいいのになぁ、、まだこの夏は見ていないのです。

トンボたちも虫たちもまずまずな感じでした。

この日は風が心地よくて、さほどの暑さは感じませんでしたが、気温の方はどうなったかといいますと・・・。

①道路(自宅近く)      33.6度

②N池土手          33.5度

③M池周辺木陰       31.9度

④S池北アスファルト    34.2度

⑤S池北ソメイヨシノ木陰 32.2度

・・・となりました。暑さはそれなりにありますね。

来週はどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のんびり過ごした愛知県民の森 続く

お気に入りの沢でサンダルに履き替え、川の中を歩いたり、石に腰掛けて涼むのがここでの楽しみです。(特定の場所以外は遊泳は禁止なので泳いではいないです)

Photo_10

Photo_11

うん、なにやらくすぐったがっている・・・。

Photo_12

そばにこんな、やや大きめなオタマジャクシがいた。ウシガエルではないね、何だろう?(以前観察会でツチガエルがいたけど、それだろうか?)

Photo_13

Yu-Yuさんがくすぐったい様子をしていたのは、何と魚たちが足に群がって、ゴミか何かを突っついていたからなのでした。私の足にも来たよ、こそばゆい。

良くトルコで「ドクターフィッシュ」なる魚が人間の皮膚の悪いところを食べくれるというのがあるけれど、それに近いのでしょうかね?

Photo_14

愛知県民の森でも、大分カシノナガキクイムシによるナラ枯れの樹が目立ち、注意の貼り紙が見られるようになりました。

Photo_15

ネムノキ

Photo_16

クロバナキハギ

Photo_17

時間がある場合など、もりトピア内の「立ち寄り湯」に入っていきますが、お風呂場からの窓の外、なんとヤマユリが一面咲いていて、それはまあ綺麗でしたが、明らかに植栽ですよね。それは微妙な感じがしました(苦笑)

さて、帰りの電車内で突如、「親と大きな旅行以外出かけるのは今年度まで」宣言をだされてしまいました!!

確かにね~、そうだよね~と思いつつ、やはり「卒親」の時期はやってくるのだと思ったのでした。

なかなかに、もはや親べったりではないですが、かといってもうどこでも一人でOK!というのも微妙なこの頃。

本来は「親なんてうざいぜ~」な年頃でもあるものね。

ここのところ、この辺でケンカになったりもしていますが、おそらくはもう子どもでなくなっていく時期なんですね、確実に(心配は多分終わらないが)。

帰りには新城市辺りは雨が降り出して、タイミング良かったな~、雨もそろそろ欲しいところであるし、と思いながら豊川当たりになると、えっ、降っていない?豊橋なんてまるで降らなかったらしい。なんか意地でも他市は雨が降ってもこっちは降らないぞとなっている感じもしてきた。いよいよ雨乞いなのだろうか?そんな7月の夏でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のんびり過ごした愛知県民の森

7月30日、ちょっとした「お疲れ様会」という感じで、愛知県民の森へYu-Yuさんと飯田線に乗って出かけました。

Photo

Photo_2

「お疲れ様会」もだけど、本音はこの時期のこの花に出会いたかったから、というのも。

Photo_3

ここではまだリョウブが咲いている~。

5月はヘタレでお昼到着の電車でしたが、この日は朝早めに出発したのでのんびりゆっくりすることが出来ました。

Photo_4

オトギリソウかな。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

これはコオニヤンマだよね。去年の海上の森などで見てきたし、なんと言ってもこの足の長さ。

Photo_9

雨が少ない日々ですが、川の水は水量そこそこあって、綺麗でした。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タイワンウチワヤンマの量産始まる・・・。(ご近所の自然観察) 続き

東三河はこの時も、ほとんど雨は降らず、この日も雨を期待でしたが、晴天となってしまいました。天気予報で期待を持たせながら、しかし雲が逃げて行くような感じ・・・。

Photo_14

Photo_15

この入道雲が雨をもたらしてくれると良いのに。

Photo_16

S池近くの公園で、ホルトノキ(植栽)の花が咲いていました。ちょっと変わった花。

Photo_17

S池で。大中小といるミシシッピアカミミガメ。ここまでになってしまった。駆除をしてもらう方法がないものか、と思います。

ここは最近あまりトンボがいない感じでしたが、、、

Photo_18

おお!!ここには無事にウチワヤンマがいました~!!良かった。

Photo_19

どうかタイワンウチワヤンマに負けないで欲しいです。

Photo_20

カルガモたちも池に。先週の方達ですかね。

尚、歩いている途中で、今年初のツクツクホウシの声がありました。

この日の夜、お湿り程度でしかなかったけれど、一時的に雨が来ましたね。無いよりはいいですが、まとまった雨が欲しいところです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«タイワンウチワヤンマの量産始まる・・・。(ご近所の自然観察)