今日もやや寒めです、が・・・。

Dscn2794

寒波があったりで、寒い冬でした。
豊橋でも皮膚科にはしもやけで受診する人が多かったらしいですよ;

今日も割と寒い日ですが、
それでも、吹き付ける風には暖かさがありました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カモを探して・向山大池編 続き

池の周囲を廻ります。

Photo_20

オナガガモがいた~~。見るととてもうれしくなる位になってしまった。

Photo_21

池の縁にやって来たユリさん達。

Photo_22

寄ってきても、何にもあげないよっ!!(餌なしおばさん)

Photo_23

オナガガモが数羽ほどいるようです。

Photo_24

Photo_25

オオバンもここでも例に漏れず割といました。

下に写っているのはマガモのような感じですが、もしかしたら家禽化されたアヒルの様な気もして、今ひとつ自信持てず。

他にはコガモ2羽、カルガモが数羽いましたね。

時間に余裕が持てた日に、渥美半島当たりにカモ探しに行ってみたいと思っていますが、出来るかな?

向山大池でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カモを探して・向山大池編

2月9日のこと。

午後からでしたが、お天気も良く風も吹いていない穏やかな日でしたので、他の場所のカモの様子を見る手始めに、向山大池まで行ってきました。

Photo_10

この場所は「全国ガンカモ調査」の調査地にもなっているところですね。地域の探鳥会なども行われたりしています。

ここの大池に来たのは、実は随分久しぶり。というのも、実は車でここまで来るのに今ひとつハードルがあり、以前は連れてきてもらっていましたが、それ以後はなかなか行けなかったのでした。

最近、向山市民館(池の向こうの建物がそれです)にようやく、、、車で行けるようになり(昼間です、夜間はまだ自信なし;)、そう言えばそれならば、ということで来てみました。

Photo_11

ヒドリガモの群れ。池の規模の割にはカモはやはり多くはないですね。ただ、ここ自体あまり来てはいないので、前との比較はちょっとできない感じです。でも少ないと思う。

そして、向山大池と言えば・・・。

Photo_12

メインとなっているこの方達。ユリカモメさん。

こちらも実は、、久しぶりの出会いだったりする!!

近所のフィールドには滅多に来ないし、この頃他の水鳥に来そうな場所、あまり行けていなかったのですよ。ホントお久しぶりだね~~~。

Photo_13

ここではカモメたちに餌付けもされてきていたためか、近くによっても逃げない。なのでギリギリ寄ってみたら、もじもじそわそわしだしたので、これ以上の接近は止めました。

Photo_14

池に浮かんでいる子も。

Photo_15

先ほどのヒドリガモ達。陸に上がってなにやら食べています。

Photo_16

こちらではユリカモメさん達が休憩中。おや?その中に・・・。

Photo_17

ユリさん達の間を動き回っていたのは・・・。

Photo_18

貴方だったのね。バン。なにやらついばんでいました。ちょっと離れた場所にスズメもいてついばんでいたので、誰か餌蒔いたのかな?

ずっと昔、若い頃、沖縄へ旅行(本当に単なる観光ツアー)に出かけたとき、観光地の池で鯉に餌やりしていたら、その間をかいくぐってこの鳥たちが餌を奪いに来ていたことがあり;

このような抜け目無さがある鳥ですが、この頃少ないみたいです。ある意味図太いのに何故?

Photo_19

その少し離れた場所に、バンとは反対に増えてきているオオバンがいました。

*鳥への餌やり、なるべくしないで、自然の中で生きられるようにしましょう。

私がいるとき、餌やりなどをリアルタイムでしている人はいなかったです・・・。

この餌やりについても色々な論点があって、いつも地元の人が継続的に行うならいい、と言う方もいますし、人間活動の中で、畑や街路樹、果樹園などに鳥や動物が集まっているのは間接的な餌付けであり、それに比べたら意図的な餌付けは規模的に大きな問題ではない、とする人もいます。

餌やりで鳥がなれ合いになってしまって人に危害加えると言うこともあるようです。

庭での餌台は、、それくらいはいいかな。近隣への糞害とか無ければ。ただし冬の間限定ですね。

基本的には自然界の生き物がその中で充分に生きられるなら、しない方がいいと個人的には思いますね。ただし生息に危機が及んでいて差し迫っている場合は人為のアプローチもあった方が良いと考えています。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ほとんどカモがいない・・・。(ご近所の自然観察)

2月5日のご近所巡りの様子です。

今月は、冬の気温を測る時。

今季は久々に寒~~~いpenguin日が続いています。

Photo

ガサゴソ音のする方を見てみたら、、シロハラがいましたよ。

さて、本日もN池にはカモも何にもおらず・・・。寂しい限りです。

Photo_2

もうすっかり実が残ってないのに等しいよ、ツルウメモドキ。

さて、O池には遠目に不明なカモが、そしてM池にもささやかながらカモが数羽にカイツブリとオオバンがいました。カモが見られたのは、個々2つの池だけです。そんなに多いわけではありません。

そんなM池。

Photo_3

誰かな?

Photo_4

Photo_5

オオバンでした。彼らだけはどこでも見られるようになったのかも知れない。

Photo_6

S池の鉄塔近くをトビが飛んでいました。実はまだ、通信に登場したことがない;いづれは取り上げたいですね。

Photo_7

看板と良いショットのはず、なのに、今回もぼやけました。ジョウビタキ君。

Photo_8

池のフェンスの内側には、野良猫か?(飼い猫かも知れないけれど)頼むから鳥たちを襲わないでくれよ;

デジカメ向けたら伏せて威嚇なのかな?じっとこちらを見ていました。

Photo_9

そんなS池も、普段ならハシビロガモ達やコガモ達などいるはずなのに、全く!いなかった!!なんてことだ!!辛うじて、ヨシの中に隠れていたアオサギ1羽が出てきてくれました。

その後畑地の方へ廻りましたが、寒いからか、めぼしい者はおらず、ヒバリを探すのも気力が今ひとつ;飛び立つ姿は見れるのですが。

花も実も少なくて、非常に寂しい時でした。

さて、そんな中ですが、この日の気温調べ結果は、

① 道路(自宅近く)   5.9度

② N池土手       7.5度

③M池周辺木陰     4.5度

④S池北(アスファルト上)  6.5度

⑤S池北(ソメイヨシノ下)5.9度

・・・・・と、なりました。

やはり寒波が来たりと寒いと言われるわけです。諏訪湖も久しぶりに氷がせり上がって出来る自然現象、「御神渡り」が出たそうです。

しかし、カモさん達、どうか戻ってきておくれ・・・。

               

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

頑張っていこう

カモのことに関して色々教えて下さった方々、ありがとうございます。

そろそろ次の通信かからないとと思っています。
やはりこの作業は楽しいですね。イライラも落ち着きますね。

以前、色々大変だった時期、考え事がまとまらないときに、絵を先に描いたら不思議と落ち着いて脳が整理された感じになったことがあります。

昨日見た「なんでも開運鑑定団」では、夏目漱石の描いた絵らしい短冊が出品されていて、なんでも夏目漱石も絵を描くことで、精神を落ち着かせていたそうです。
残念ながら、出品作はどうやら偽物だったのかな?らしいですが。

アートセラピーという手法もあるくらいですから。

番外編、しばらくは出さないかな~?と思っていましたが、緊急特集編を作ることになるかもです。

*折角落ち着いたイライラですが、晩、別件でそれよりも炎上しました。一晩中ダメです、多分。しかし夜更かしはしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カモを探して・ご近所編(ご近所の自然観察)

次の2日。

気になっていたお天気、予報の割には良かったので、気になっているのでこの前カウントした場所まで出かけてみることにしました。

Photo_22

以前からカウントしてきたU大池。実は初のスマホで撮りました。

以前はこの池一杯にカモたち、特にホシハジロがいたのです・・・。

この日、カンムリカイツブリ、カワウ、ミコアイサ、そしてホシハジロ4羽で合わせて8羽!(カワウ無意識に除いて7羽と言っていましたが、正しくは8羽ですね;ごめん;)すさまじいほどの少なさです!

「やっぱりダメか・・・。」とつぶやいていたらホシハジロが3羽ほど他の1羽のそばに降り立ってきてくれたという、暖かい?サービス付きでしたが。

カウントの時は35羽いたのに・・・。カウントと分かってこの時もサービスしてくれたのでしょうか?

しかし、心配です。

その後もう1箇所のカウント場所、N川へ。

Photo_23

ここは、カウントの時より少なめかもしれないけれどまだカモたちいました。あれ?オナガガモがいる!!

Photo_24

キンクロハジロがこの日は割といたでしょうか?

Photo_25

おお、ここにもミコアイサが。

Photo_26

オカヨシガモ。

Photo_27

電線にツグミ。

Photo_28

これは、フンに見えますが、ヒドリガモのペリットだそうです。でも○ンチにしか見えないな・・・。

Photo_29

ここにもオナガガモが、雌と一緒に。実は、オナガガモ、今季はこの日が初めてだったのです!!なんかズーム小さいな、と思ったらシャッターのメモリが違っていた;

Photo_30

ヒドリガモとオカヨシガモ採餌中。

Photo_31

コガモ雄。

Photo_32

オナガガモ、以前はここでも割と普通にいましたが、この頃めっきり少なくなってしまいました。今季なんかはミコアイサよりもレアな感じになってしまった。まだホシハジロの方が多いですよ。

そのホシハジロ、2015年にIUCN(国際自然保護連合)での絶滅危惧Ⅱ類にいきなり指定され、騒然となったようです。この頃の減りはそのためなのか・・・。

しかし、オナガガモのこの様子を見ると、続いてレッドリスト入りしそうで心配です。

Photo_33

Photo_34

U川で、そこそこカモを眺めて帰ることが出来て、まだよかったです。少ないままじゃ、気分もだだ下がりになってしまいますものね。

Photo_35

この日はオオジュリンにも出会えました。

しばらく近所以外の水鳥のいる場所行っていないので近々東三河の行けそうなところ行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんなにもカモがいないなんて(ご近所の自然観察)続き

コースはもう一つの大きなS池に来ました。

Photo_16

クスノキの黒い実も、全部食べられてしまったみたいです。

さあ、まだ春までの間、鳥さんたち、どう過ごすのでしょう??

Photo_17

ジョウビタキの雄がいました。撮影試みるも、上手く撮れませんでした。

Photo_18

逆光ですがツグミさん。やはり2月に入ってからようやく目立つようになってきました。

Photo_19

シジュウカラが2羽、ヨシにやって来ていました。ヨシの茎をむしっては、どうやら中の虫を食べていると思いますが、その虫らしいのを見てみたいな・・・。

Photo_20

お休み中だったところ、済みません;コガモの雌2羽。あとはマガモが1羽いたのみでした。

Photo_21

この時期よくいるハクセキレイ。

カモがこんなにいないなんて、、豊橋に来て以来初めてです。

陸の鳥としては、ホオジロがいたり、ビンズイに出会ったり、ヒバリの初鳴きを聞いたりすることが出来ました。

カモに関しては、色んな方々にお尋ねしたりしています。

この日は畑地の方にはいかず、お母さん達の集まりに顔を出しに出かけて行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんなにもカモがいないなんて(ご近所の自然観察)

2月1日のご近所巡りの様子です。

この日はこれまでの寒波の中の寒い日から一転、曇ながらやや穏やかな日でした。

次の日はどうもお天気が良くないらしいので、ご近所巡りに。

Photo_6

今季は割と寒い冬なので、秋冬咲きのナズナやホトケノザの数も少なめです。

Photo_7

ホトケノザ。暖かい冬だともっとバンバン(?)咲いていたりします。

Photo_8

M池。発生しだした外来オオアカウキクサの勢いも、寒さのためでしょうね、弱い感じですね。

そしてN池・・・。

Photo_9

・・・・・、な、何もいない。

カワウは去りましたが、カモの仲間も、カイツブリも、オオバンも、何もかもいない!

この季節、こんなにカモなどが何もいないN池なんて、恐らくここに来てから初めてだと思います!!

Photo_10

Photo_11

ようやくテイカカズラのさやがはじけた姿をあちこちで見るようになりました。なんだか遅い気が。

Photo_12

まだみずみずしそうなサネカズラの実がありました。もう殆どが食べられてありません。

Photo_13

O池や、M池反対側に廻れば、そこにはまだカモの姿がありました。ハシビロガモの雌。

Photo_14

このところM池にいつもいるこの1羽のホシハジロ雄。いてくれてありがとう、という気持ちになります。

Photo_15

S池(小さな池が2つある方)に来たら、、、クロガネモチ大木残して一帯をバッサリ伐られてしまっていました。竹を主に伐ったと思うけど、花を楽しみにしていたヤブツバキまで・・・。

ここあたりは個人の地所だったりするので、口出しする権利がありません。しかし、何か良い方法が無いでしょうか?

通信など普及活動はしていますが、即座に効果が出るわけではないので、もどかしいところです。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

皆既月食

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大分進んで来ました・・・。

植物の分類順が改訂され、以前参考にした図鑑も新たにそれに沿って改訂が順次されてきたのですが、全巻発刊まで時間がかかり、勿論1冊毎お値段も高いのと、家にそう本は置きたくはなく、図書館に配架になるのを持つのに、もう少しかかり、、

やっと全巻配架になったのと、近年隣町に分館が出来て、そこにも置かれるようになったので、学名などを調べに通いました。
挙げたいリストを記載したのですが、後から「あ、これも入れないと・・・。」「あ、あれもだ;」が続き、学名綴りの確認なども要して、何度か通うことに。

今日で大旨その作業は完了!
でも、念のため、最終チェックの時にはまた行くのかも知れないです。

あとはもう1項目をどう記載するか、そして色々詰めが大段階かな・・・。

先回の訂正部分が結構出てきたので、改めて未熟さを嘆くことしきり;です。
チェックは入念にします!!

まだもう少々かかるけど、着実に進んでいることだけは、間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«脳がショート気味(笑);